--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月29日[Tue]

KIBIYAベーカリー Come va?--シュトーレン。

KIBIYA Come va?--シュトーレン。

ごっつりっとした、食べ応えのある生地ですっ。
KIBIYAベーカリー Come va?”の、“シュトーレン”です。


KIBIYA Come va?--シュトーレン。

独身が、鎌倉を大好物になってから、早、2年あまりが経つのですが、
その間、あっちこっちのお店を訪問して、毎度、お世話になる、
ごひいきのお店が、すっかり出来あがっています。

その中で、ここ最近、どっぷりっと、
独身のこころと胃ふくろを魅了してくれるのが、“KIBIYAベーカリーさん”ですっ。

“KIBIYA、、さん”は、あれこれのガイドブックに紹介されている、
有名なパン屋さんではありますが、独身が、お初に訪れているのは、
ことしの6月になります。

それまで、かなりお気にかけてはいたのですが、
なかなかお店に踏み入れるタイミングが合わず、気づけば、
鎌倉初訪問から、さっさと1年半が経過していたのです、、。

ようやっと、独身が頂いたのは、“チョコ”なのですが、
喰らい尽くしたあと、なぜ、独身は、いまのいままで、
“KIBIYA、、さん”のパンをシカトしていたのか、
はげしく後悔したことは、云うまでもありませんっ。

それからっと云うもの、たびたび、“KIBIYA、、さん”を利用させて頂いているのですが、
御成通り本店を訪れたからには、もう1軒の、“、、Come va?(コムバ)”も、
しかと、把握しておかないわけにはいきませんっ。

と云うわけで、今回、お初に“、、Come va?(コムバ)”にも、
足を踏み入れるわけですが、独身のターゲットは、クリスマスシーズン限定の、
シュトーレン(シュトレン)”ですっ。

シュトレンは、日本では、シュトーレン、と云われていますが、
ドイツ語では、シュトレン、と発音します。

クリスマスのお菓子、ではあるのですが、当日に頂く、
と云うより、12月のはじめくらいから、ちまちまっと、
少しずつ頂く、保存食でもあります。

そのため、ほとんど水分がなく、
ドライフルーツなどをお酒に漬けて、長く保存出来るようになっています。

実は、独身は、かつて、ドイツに生息していたことがあるので、
シュトレンは、懐かしの、思い出満載のクリスマス菓子でもあります。

日本で頂くのは、今回がお初になるので、胃ふくろ以上に、
こころ持ちが、うかうかっと、盛り上がってしまいますっ。

KIBIYA Come va?--シュトーレン。

さっそく頂いてみると、ごっつごっつっ、がっつがっつっと、
かなりのハードな生地で、スコーンと、クッキーのあいだ、と云った印象です。

先日頂いた、“スコーン”よろしく、
なかなかの噛み応え食べ応えのある、がっしりっとした生地です。

やはり、水分がほとんどない分、喰らいついた瞬間、
生地が、ほろっほろっと、崩れていくのですが、細やか、
ではなく、すこしのかたまりの状態で崩れるので、
もさっもさっと、お口の中で、生地が散乱することはありません。

さらには、水分が少なめでも、しかと生地が、
がっちりっと繋がっているので、乾燥している、と云ったこともありません。

生地の中には、ラム酒漬けのレーズンやら、いちじくやら、
オレンジピールに加え、くるみも盛り込まれています。

お口にした瞬間、ラム酒のかおりが、ふんっと、
勢いよく充満して、軽いアルコール臭が、つ~っと、追いかけてきますっ。

ドライフルーツの、完熟した甘味が、じゅっ!と染み出てきて、
さらには、ごりっごりっのくるみが、いい食感と、
香ばしさで、アクセントを放ってきますっ。

ドイツのシュトレンは、ドライフルーツのほかにも、シナモンやら、
いろんなスパイスが効いていて、あんましなじみのない日本人には、
かおりがクセに感じることがあるのですが、この“シュトーレン”は、
スパイスが盛り込まれていない分(おそらく)、じゅうじゅう、
お粉の香ばしい風味と、ドライフルーツとくるみのお味を堪能することが出来ますっ。

さらには、ドライフルーツの甘味のみで、生地に甘味を与えている、
と云った感じなので、まったくもって、よぶんな甘味はなく、
お粉の、そのままの風味を確認することが出来ますっ。

やはり、素材をたいせつにする“KIBIYA、、さん”らしい、
あっさりっ、すっきりっとした、自然まるまるっ、やさしさ満載のお味になっていますっ。

強い味やら、塩っ強いものやら、甘いものが大好物のドイツ人では、
もの足りないのかもしれませんが、あっさり好きの独身には、
まさに、お好みのお味と云えますっ。

KIBIYA Come va?--シュトーレン。

KIBIYA Come va?
KIBIYAベーカリー Come va?段葛店
鎌倉市小町2-13-1  [Map]
営業時間:11:00-18:00(水休)

購入価格:220円。




↓“KIBIYAベーカリー”の、やさしいパンたちはこちらっ↓
KIBIYAベーカリー ラムレーズンと胡桃のパウンドケーキ
KIBIYAベーカリー イチジクと紅茶のパウンドケーキ
KIBIYAベーカリー 黒みつパン/チョコ
KIBIYAベーカリー Come va? ブランデーマロン まるごと栗の渋皮煮
KIBIYAベーカリー Come va? スコーン いよかんピール
KIBIYAベーカリー Come va? スコーン 紅茶とくるみ
KIBIYAベーカリー Come va? キッシュ 銀杏としめじ

↓独身びいきの、鎌倉のおいしいおみやっ↓
鳩サブレーと鳩三郎
鎌倉ニュージャーマン かまくらカスター(ストロベリー/ティラミス/カスタード)
小松屋 大仏まんじゅう
鎌倉小川軒 レーズンウィッチ
鎌倉大仏あめ
大仏グミ・湘南グミ
大くに 光明寺まんじゅう
鎌倉五郎 花かまくら
こ寿々 わらびもち
鎌倉いとこ かぼちゃきんつば
鎌倉まめや お豆さんたち
いがらしろみさんのお菓子たち Romi-Unie Confiture/Maison romi-unie/Fairyfake Fair
増田屋豆腐店 豆乳プリン(2009年3月)
鎌倉しふぉん シフォンケーキ
麩帆 麩まんじゅう/柏の麩まんじゅう
三日月堂・花仙 鎌倉どらやき
鎌倉紅谷 クルミッ子
大くに 波乗りまんじゅう コーヒー餡
大くに 波乗りまんじゅう あんづ餡
れの かまくら りんごパン/木の実パン
Bergfeld りんごシュネッケン/ライロール
atelier VANILLE ブルーベリータルト
atelier VANILLE プレーンロール/ココアロール
力餅屋 源氏山/権五郎力餅
いがらしろみさんのお菓子たち Romi-Unie Confiture/Maison romi-unie/Fairyfake Fair
桃太郎 いちご大福
恵比寿屋 豆大福/ゆずのパウンドケーキ
麻心 スコーン/みそむしパン(長谷の市)
ジェラテリア・イル・ブリガンテ 柿/洋梨
ジャックと豆の木 コーヒーデニッシュ/りんごとキャラメル
増田屋豆腐店 豆乳プリン(2009年12月)

↓↓鎌倉写真↓↓
鎌倉コラージュ。
スポンサーサイト

タグ: 鎌倉みやげ, KIBIYAベーカリー, シュトーレン, レーズン, ラム酒, イチジク, オレンジピール, くるみ,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。