--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月23日[Wed]

前田珈琲--宇治抹茶きなこパフェ(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

前田珈琲--宇治抹茶きなこパフェ(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

17日から25日まで、“静岡伊勢丹”で開催されている、
ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博”へっと、
うまいものを喰らいに、行ってきましたっ。


独身は、なかなかの喰いしん坊なのですが、
とくに、地方の物産展には、めっぽう、弱々しいおんなでもありますっ。

やはり、ふだん、そうそうお逢いすることの出来ない、
遠方の地の、うまいものっとなると、うかうかっと、シカトするわけにはいきませんっ。

そんな独身のこころを、いつも以上に引きつけてる、
ナイスなイベントが、いま現在、地元のデパートで繰り広げられていますっ。

今回は、独身の地元のNNN系のテレビ局が、
開局30周年と云うことで、日テレの、毎度おなじみの番組、
ズームイン!!SUPER”とのコラボ企画として、全国津々浦々、
大人気のうまいものを、いっせいにかき集めてしまおうっと云う魂胆(?)です。

まっさきに、独身がガッついたのは、YTV読売テレビのいちおし、
京都の“前田珈琲”の、“宇治抹茶きなこパフェ(893円)”ですっ。

なにやら、抹茶のゼリーや、ソフトクリーム、
ごま白玉、きなこアイス、黒豆のビスコッティなど、
もりたくさんの、欲張りパフェのもようですっ。

独身は、おいしいものを、あまた喰らいたい、貪欲おんな、
ではなく、いろいろなものを、ちまちまっと、すこしずつ喰らいたい、
欲張りおんな、なので、まさに、“宇治抹茶きなこパフェ”は、
独身の理想的なパフェと云えますっ。

秋田比内や--特製比内地鶏の親子丼(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

と、その前に、お昼ごはんをお先させようっと云うことで、
イートインコーナーで、ABS秋田放送オススメ、“秋田比内や”の、
特製比内地鶏の親子丼”を頂くことにしますっ。

なにやら、むね肉ともも肉(たしか)を盛り込んだ、
1,050円の親子丼のほかに、もも肉オンリー(たしか)の、
特製親子丼1,260円が、先着50名さま分、あるっと云うことで、
せっかくなので、特製を注文してみることにしますっ。

秋田比内や--特製比内地鶏の親子丼(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

注文して、ほんの数分程度で、特製親子丼が運ばれてきますっ。

さっそく、かっこんっと、フタを開けてみると、
半熟たまごが、てるってるんっと、光テカッているではありませんかっ。

わりとおおきめのどんぶりなのですが、
深さがないので、そう、てんこ盛り、と云うわけではないようです。

秋田比内や--特製比内地鶏の親子丼(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

独身は、今回、はじめて比内地鶏とご対面するのですが、
きゅっきゅっと、身が引き締まっていて、もぐもぐすると、
ぶいっぶいっと、かなりの弾力があって、もんっの凄く、
ハードマッチョであることが、歯からアゴに伝わってきますっ。

かと云って、がっちがっちっと、かたいわけでは、決してありませんっ。

鶏たちが、一生懸命、動きまわって、
よくよくバディを鍛えたさまが、しかと実感出来るのですが、
柔軟性も兼ね備えているので、いつまでも、噛みきれないで、
お口に居残りしている、と云うことは、断じてありませんっ。

お肉のお味も、と~ってもちから強くて、もぐもぐするたびに、
鶏の旨味が、じゅ~じゅ~っと、染み出てきますっ。

そこに、これまた、濃厚なたまごの甘味が、
まったり~っと、まとわりついて、うまいこと、
鶏に、コクを、ぐんっと、与えてくれていますっ。

やはり、東北の味つけだけはあって、
独身には、お出汁のおしょう油の味つけが、
いささかじょっぱい
のですが、お肉自体に、
しかと旨味があるので、主役をお邪魔するほどではありません。

前田珈琲--宇治抹茶きなこパフェ(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

さて、お初の比内地鶏を、じゅうじゅう堪能したところで、
おつぎは、この日のターゲット、“前田珈琲”の、
“宇治抹茶きなこパフェ
”のもとへと、そうそうに移動しますっ。

注文して、6~7分ほどと、いささか時間がかかって、
ようやっと、パフェが独身の前へっと、登場ですっ。
(独身のあとに注文したかたは、ほんの数分で、やってきたのに、、。)

上から、抹茶のソフトクリーム、黒豆のビスコッティ、
栗、黒豆とあずき、その下に、抹茶のスポンジ、ごま白玉、
きなこアイス、抹茶ゼリーと、なんっともぜいたく~なパフェですっ。

前田珈琲--宇治抹茶きなこパフェ(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

抹茶は、やはり、京都のお抹茶なだけはあって、
ふふ~んっと、抹茶のやさしい風味が、お口に充満しますっ。

ビスコッティは、ざっくざっくっと、かためのいい食感で、
黒豆の香ばしい風味と、たまごのまろやかな甘味が、
なんっともお上品な甘味を繰り広げてきますっ。

これは、脇役ながら、主役級の実力ですっ。

さらには、おなじく脇役の黒豆も、
ねっちねっちっと、おもちのような弾力があって、
じゅんわり~っと、甘いお汁が、しかと染み込んでいて、
食感的にも、甘味的にも、かなりのいいアクセントを放ってくれますっ。

ごま白玉も、むっちむっちんっと、やわ~な弾力があるので、
お味だけでなく、全体で、食感もたのしむことが出来ますっ。

しかし、下の層へと、さがっていくにつれ、
だんだんっと、甘味が負担になってきます、、。

真ん中の、ごま白玉の層あたりから、
それぞれの甘味を、胸あたりの食道が、
通過を、ぐぐ~っと、拒否しはじめてきます、、。

そして、いちばん下の抹茶ゼリーに突入するころには、
すっかり、お口全体が、甘甘満載になっています、、。

もうすこし、量と甘味のバランスを整えてくれると、
最後まで、すんなりっと、さわやかに喰らいつくせるかっと妄想します、、。

それと、テーブルが高いのと、パフェグラスも高いのと、
パフェスプーンが長いのが相成って、もんっのすごく、
食べつらいことが、気になってしまいます、、。

メインのお抹茶よりも、黒豆のビスコッティに、
感動
してしまった独身です。

アンティーク--天使のチョコリング(ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博)。

こちらは、CTV中京テレビのゴリ押し、
愛知県知多郡の“アンティーク”の“天使のチョコリング”です。

なにやら、さっくさっくのデニッシュ生地に、
生地の77%(たしか)のチョコチップが盛り込まれているようですっ。

ふつうのチョコパンは、たいてい、30%程度なのですが、
こちらは、これでもかっと云うくらい、チョコがてんこ盛りされていますっ。

独身は、パン好きではあるのですが、
デニッシュは、さしてお好みではありません。

しかし、チョコ好きとしては、尋常ではないくらい(?)、
チョコ満載と云うところに、こころを惹かれてしまいますっ。

いちどは、列に並ぶ決意をする、のですが、
かなりのおおきさに、これは、独身と連れだけでは、
そうそう、喰らい尽くせないっと、実物をまのあたりにして、
すっかり、こころがひるんでしまいます、、。

せめて、試食があれば、お味だけを確かめることが出来るのですが、
やはり、大人気なだけはあって、試食は用意されていないようです、、。

と云うわけで、“天使のチョコリング”は、そうそうに断念して、
お惣菜やら、漬物やら、あっちこっちの試食を堪能して、
岩手の“三陸若布”をお買い上げして、その晩のお鍋で、堪能するのであります。

静岡第一テレビ開局30周年記念 ズームイン!!SUPER 全国うまいもの博
12/17~12/25(最終 16時まで)
静岡伊勢丹8階 大催事場
スポンサーサイト

タグ: 物産展, 前田珈琲, 抹茶, パフェ,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。