--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月21日[Mon]

KIBIYAベーカリー Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。

KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。

パイ生地の食感が、なんっとも軽やか~ですっ。
KIBIYAベーカリー Come va?”の、“キッシュ 銀杏としめじ”です。



KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。

鎌倉駅西口の、御成通りにある“KIBIYAベーカリー”の本店は、
観光客、と云うより、わりと、地元のかたが、こぞって買いに集合するのですが、
今回、独身が訪れた“、、Come va?(コムバ)”は、八幡宮へと続く、
“段葛”沿いにあることもあって、あまたの観光客がやってきます。

そのため、大人気、名物のパンは、開店早々、
即効、売れ切れてしまうおそれがあります。

この日、独身は、偶然にも、11時開店ぴったしにお店に到着しているのですが、
独身より、以前に待ちぼうけしていた、おふたりのお客によって、
早々に、独身好みの“チョコ”が、お持ちかえりされていますっ、、。

とは云え、この日の独身のターゲットは、“チョコ”ではなく、
クリスマスのドイツ菓子、“シュトーレン(シュトレン)”と、
朝ごはん代わりの、“キッシュ”ですっ。

KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。

“、、Come va?”では、トースターがスタンバイしているので、
店員さんにおねがいすれば、その場で、チンしてあたためてもらえます。

今回、独身は、“キッシュ 銀杏としめじ”を、
その場で、即効頂く、と云うことで、チンをおねがいすることにします。

およそ3~4分ほど、あたたまった“キッシュ”を、
お店のそとのベンチで、さっそく頂いてみますっ。

すると、まっさきに、パイ生地が、さっくさっくっ、
さりっさりっ、はらっはらっと、もんっのすご~く、
キメが細やか~で、さらっさらっとした口あたりであることがわかりますっ。

パイ生地と云うと、もっと、ざっくりっと、粗めで、
ばりっばりっと、パイの破片が、お口の中で散乱するのですが、
この生地は、尋常ではないくらい(!)、キメが細細っとしているので、
まるで、お粉のごとく、生地が細かにくだけていきますっ。

この生地が、さらっと、くだけると、
中から、口あたり、なめらか~なクリーム生地が登場してきますっ。

お味は、かなり、あっさりっ、すっきりっとしたクリームで、
いい意味で、キッシュの、濃厚なたまごの甘味、バターのコクなどは、ありません。

やはり、“KIBIYAベーカリー”のパンには、
たまご、バターが盛り込まれていないので、
そのぶん、素材そのままの、自然な風味、旨味を実感することが出来ますっ。

この、さわやか~なクリームのあと、すぐさま、
ハムの、いい塩っ気が、じゅっ!と、勢いよく、
クリームにアクセントを放ってきますっ。

クリームがあっさりな分、よけいに、
この塩っ気のするどさが目立ちますっ。

そこに、ときおり、銀杏まるごとが、ほっこっとやってきて、
さらには、くったりっと、やわらかな、しめじも、
きのこのいいかおりを放ってきますっ。

この、さっぱりっ、すっきりの、やさしいクリーム生地に、
軽、薄、香ばしいパイ生地が相成ると、また、なんっとも、
すっきりっとした、やさしいお味のキッシュになりますっ。

キッシュと云うと、もっと、バターの油分が、じゅんわりっと染みていて、
たまごの、濃厚なコクが、ぐぐ~っと、押し寄せてくる印象があるのですが、
この“キッシュ 銀杏としめじ”は、まったくもって、バター、たまごがない分、
ぎっとり感や、まったり感もない、と~っても、やさしくて、軽やか~な、
ご親切なお味をかもし出していますっ。

さらには、トースターで焼き焼きして頂いていることもあって、
より、パイ生地が焦げ香ばしく、さっくりっ、さらっさらっとして、
これが、ますます、お焦げの旨味を与えているように感じますっ。

前回、その場で、即効、“チョコ”を頂いたとき、軽く焼き焼きすれば、
中のチョコチップが、でれ~んっと、とろけて、より、
甘味が増すのではっと、妄想しているので、次回は、“、、Come va?”で、
“チョコ”をチンしてもらおうっと、いまから、企んでいる独身ですっ。

KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。KIBIYA Come va?--キッシュ 銀杏としめじ。


KIBIYA Come va?
KIBIYAベーカリー Come va?段葛店
鎌倉市小町2-13-1  [Map]
営業時間:11:00-18:00(水休)

購入価格:250円。


↓“KIBIYAベーカリー”の、やさしいパンたちはこちらっ↓
KIBIYAベーカリー ラムレーズンと胡桃のパウンドケーキ
KIBIYAベーカリー イチジクと紅茶のパウンドケーキ
KIBIYAベーカリー 黒みつパン/チョコ
KIBIYAベーカリー Come va? ブランデーマロン まるごと栗の渋皮煮
KIBIYAベーカリー Come va? スコーン いよかんピール
KIBIYAベーカリー Come va? スコーン 紅茶とくるみ

↓独身びいきの、鎌倉のおいしいおみやっ↓
鳩サブレーと鳩三郎
鎌倉ニュージャーマン かまくらカスター(ストロベリー/ティラミス/カスタード)
小松屋 大仏まんじゅう
鎌倉小川軒 レーズンウィッチ
鎌倉大仏あめ
大仏グミ・湘南グミ
大くに 光明寺まんじゅう
鎌倉五郎 花かまくら
こ寿々 わらびもち
鎌倉いとこ かぼちゃきんつば
鎌倉まめや お豆さんたち
増田屋豆腐店 豆乳プリン(2009年3月)
鎌倉しふぉん シフォンケーキ
麩帆 麩まんじゅう/柏の麩まんじゅう
三日月堂・花仙 鎌倉どらやき
鎌倉紅谷 クルミッ子
大くに 波乗りまんじゅう コーヒー餡
大くに 波乗りまんじゅう あんづ餡
れの かまくら りんごパン/木の実パン
Bergfeld りんごシュネッケン/ライロール
atelier VANILLE ブルーベリータルト
atelier VANILLE プレーンロール/ココアロール
力餅屋 源氏山/権五郎力餅
いがらしろみさんのお菓子たち Romi-Unie Confiture/Maison romi-unie/Fairyfake Fair
桃太郎 いちご大福
恵比寿屋 豆大福/ゆずのパウンドケーキ
麻心 スコーン/みそむしパン(長谷の市)
ジェラテリア・イル・ブリガンテ 柿/洋梨
ジャックと豆の木 コーヒーデニッシュ/りんごとキャラメル
増田屋豆腐店 豆乳プリン(2009年12月)

↓↓鎌倉写真↓↓
鎌倉コラージュ。
スポンサーサイト

タグ: 鎌倉みやげ, キッシュ, KIBIYAベーカリー, 銀杏, しめじ, パイ生地,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。