FC2ブログ
2009年09月26日[Sat]

はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。

はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。

ようやっと、独身も、“はらドーナッツ”デビューですっ。
“はらドーナッツ”の“はらドーナッツ”と“レモン”です。


はらドーナッツ”は、神戸にある、
原とうふ店”と云う、お豆腐屋さんが作っている、ドーナッツ屋さんです。

全国に、ちらほらっと、お店が点在しているのですが、
独身が、はじめて“はらドーナッツ”の存在を知ったのは、
ことしの1月末ころのこと、です。

独身は、別段、ドーナッツ好きのおんな、ではないのですが、
なんっともかわいらしいドーナッツを作っていらっしゃるっと、
ネットでお見かけしたとたん、“はらドーナッツ”に興味もりもりですっ。

そのときは、独身の地域から、もっとも近いところで、
神奈川の茅ヶ崎、ないし、横浜に店舗があると云うことで、
大好物の鎌倉を訪れるついでに、いつか、“はらドーナッツ”にも、
寄ってみたいっと、そのときを、ひそかに妄想します。

と、そこで、しかと“はらドーナッツ”のことを知るために、
公式サイトを開いてみると、なっ、なんとっ、2月末に、
独身の地元、静岡にも、お店が参戦すると、宣言されているではありませんかっ!!

なんって云う幸運な偶然なんでしょうっ。

それまで、“はらドーナッツ”の存在など、
ちろっとも知らなかったにも関わらず、興味を持ち出した、
まさに、その日に、地元にも新店舗がやって来るなんて、
これは、もう、独身に、喰らいなさいっと、云っているようなものですよっ。

しかし、独身は、基本的には、チョコ好きの、チョココレクターなこともあって、
そちらばっかしを優先していたら、いつのまにか、オープンして、
半年以上も経過していることに気づきます、、。

そろそろ、独身も、“はらドーナッツ”デビューを果たしたいっと云うことで、
シルバーウィークの初日、どんよりくもり空の中、ようやっと、
“はらドーナッツ”へと、遠征に向かうことを決意しますっ。

はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。

はらドーナッツは、もともとは、
お豆腐屋さんが作ったドーナッツ屋さん、と云うこともあって、
生地には、お豆腐やら、おからやらが、盛り込まれています。

全国に、ちらほらっと、店舗が点在しているのですが、
あえて、中心地から、いささか離れた場所に、それぞれのお店は位置しています。

それは、学校や、会社帰りなどに、ひょいっと立ち寄れるような、
地元の人の、おなじみのお店になれるようにっと云うコンセプトに基づいているそうです。

むかしの、駄菓子屋さんのようなイメージ、なのでしょうか。

たしかに、静岡店も、駅から、徒歩で12~3分ほどっと、
小離れた、公園前の、しずかなところに、ひっそっと、存在しています。


はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。


さっそくお店に入り込んでみると、この日は、
12~3種ほどのドーナッツが勢ぞろいしていますっ。

定番から、静岡限定の“緑茶”や、日替わりなど、
あれこれっと、小ぶりの、魅惑的なドーナッツが、
独身を、いちいち、誘惑してくれていますっ。

どれもこれも、興味もりもりなのですが、まずは、
いちばん人気で、プレーンの、“はらドーナッツ”をお選びすることにします。

独身の、事前の情報では、日替わりのドーナッツが存在している、
と云うことで、店員さんに訊ねてみると、この日は、“ごま”と“チョコ”が日替わりだそうです。

どちらも、独身好みのお味、なのですが、
もっとも独身のこころを引きつけてくれるのは、“レモン”です。

いったいぜんたい、レモンの酸味が、
どのようにドーナッツとコラボっているのか、かなり気にかかってしまいます。

と云うわけで、独身が、初顔合わせをすることになるのは、
はらドーナッツ”と“レモン”のおふたつですっ。



はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。
はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。


これまた、独身の事前情報によると、“はらドーナッツ”のドーナッツは、
お持ち帰りして、時間が経つと、おいしさが半減してしまう、とのことです。

中には、1/10にまで、盛り下がってしまうっと指摘している方もいるので、
独身は、すぐ目の前の、水場のある、オサレ~な公園で、頂くことにします。

まずは、“はらドーナッツ”から、頂いてみると、
まわりが、さくさくっ、しゃくしゃくっと、
からっと香ばしく揚がっていることがわかりますっ。

いっぽう、中は、お豆腐とオカラが盛り込まれているっと云うこともあって、
みっちしっ、どっしりっと、わりと重みがあって、むっちむっちっと、
弾力のある食感になっていますっ。

ドーナッツと云うと、独身は、“ミスド”くらいしか、
頂いたことがないのですが、それまでは、ドーナッツは、
ふっかふっかっの、軽やかなイメージしか、持ち合わせていません。

しかし、“はらドーナッツ”は、キメがみっちりっと詰まっている、
と云うか、お豆腐とオカラの弾力と、しっとり感が、しかと伝わってきますっ。

お味は、はじめは、生地がからっと揚がった、
香ばしい風味がするのですが、すぐさま、お豆腐の、
自然な風味、甘味
が、ぼふんっと、お口に広がっていきますっ。

お豆腐、オカラ入りのスイーツ、と云うと、お味云々、
と云うより、質や食感で、実力を発揮しているものっと、
勝手に妄想していたのですが、“はらドーナッツ”は、
お豆腐のかおり、風味が、じっくりっと、感じられますっ。

甘味も、お豆腐が、甘味を引き出しているっと云った感じで、
かなり自然で、ご親切な甘味になっていますっ。

いっぽうの“レモン”は、“はらドーナッツ”に、
しゃ~っと、レモンのアイシングが、かけられています。

“はらドーナッツ”の、お豆腐の自然な甘味に、
レモンの、じゅっ!と云う、勢いのある酸味が、
いい意味で、生地の甘味に、アクセントを放ってきますっ。

アイシング、と云うこともあって、レモンクリームのクッキーのような、
甘ずっぱいレモンの酸味で、なかよく、お豆腐の甘味に、なじんでくれていますっ。

また、アイシングの量も、まさに、適量で、
決して、ドーナッツの生地の風味を、お邪魔することはありませんっ。

双方ともに、わりと小ぶりなサイズではありますが、
どっしりっ、むっちりっと、重みがあるので、
腹もちは、なかなかよろしいかっと、妄想されます。

生地の弾力の食感、キメの細やかさ、ご親切な甘味、
そして、お豆腐の、そのままの風味、かおりと、まさに、独身好みのドーナッツですっ。

こんっなに魅惑的なドーナッツを、2月末のオープン以来、
ずっとシカトしていたとは、なんって無粋な独身おんな、なんでしょうっ、、。

と云うわけで、不定期的ではありますが、今後も、
“はらドーナッツ”には、お世話になっていきたいっと、
優勝した、巨人の“原監督”並みに、息巻いている独身ですっ。

はらドーナッツ--はらドーナッツ/レモン。
はらドーナッツ
住所:静岡市葵区常磐町2-4-5
時間:10:00~19:00頃
もしもし:054-270-8653

はらドーナッツ/レモン
購入価格:120円(はらドーナッツ)/130円(レモン)。
スポンサーサイト



タグ: ドーナッツ, おから, 豆腐, レモン, アイシング,
スレッドテーマ:美味しかった♪, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック