--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月02日[Wed]

東ハト--ポテコ うましお味。

東ハト--ポテコ うましお味。

2種類のお塩で、じょっぱさも2倍、かっ、、。
“東ハト”の“ポテコ うましお味”です。


東ハト--ポテコ うましお味。

岩塩と海塩、2種類の塩のバランスで、
 じゃがいもの味をより引き出しておいしさアップ
!”

ポテコ”と云うと、むかしっから、輪っかのかたちをしていることから、
指にはめて頂くのが、“ポテコ”のお決まりの食べ方となっています。

独身も、こどものころから、いちいち、10本のすべての指にはめてから、
1個ずつ、喰らいついていたもの、ですが、勢いあまって、なのか、
ときおり、己の指まで、がぶりっ、噛んでしまうことが何度もあります。

さらには、“ポテコ”は、わりと小ぶりなサイズなので、
親指など、すべての指にはまるサイズでは、ありません

とは云え、独身のこだわりとしては、すべての指にはめて頂きたいので、
おおきさなど、おかまいなしに、強引に、親指にブッこんでしまいます。

しかし、小は大までも兼ねることは不可能ってもんで、
無理にブッこんでみた結果、“ポテコ”は、無残にも、
ばりっと崩壊してしまうのです、、。

いかにして、割ることなく、ぎりぎりのところまで、
指に差し込むか、そのへんのちから具合が、この“ポテコ”には求められるのです。

今回、“ポテコ”を頂くのは、かなりお久しぶりとなるのですが、
さすがに、すべての指にはめることはせずに、小指にはめて、
ひとつずつ、喰らいついてみることにします。

がりっ!と、ばりっ!と、なかなか厚みのあるスナックで、
お口の中で、じゃがいもの、ほくほくっとした甘味が、ぼふんっと広がります。

このじゃがいもの風味は、なにか、似たようなスナック菓子があったなぁっと、
よくよく思い返してみると、“ナビスコ”の“チップスター”が思い浮かびます。

このじゃがいも風味のあと、わりとカドのあるお塩が、クレッシェンドよろしく、
だんだんっと、じょじょっ!と、じょっぱい塩っ気を強調していきます。

そして、じゃがいもの甘味を、
ぐぐっと引き締めて、お味を濃くしてくれますっ。

しかしっ、、。

いかんせん、お塩が強気なので、喰らいつくたびに、
塩っ気が舌べろに蓄積されて、お口中が塩っ辛くなっていきます、、。

これも、岩塩と海塩の2種類のお塩が、
塩っ気具合も、2倍にさせているのでしょうか、、。

独身がこどものころの“ポテコ”は、
ここまで意地悪い塩っ気ではなかったように記憶していますが、
時が絶って、星のデザインのパッケージが変わってしまったように、
味つけも、がらっと変わってしまうもの、なのでしょうか、、。

東ハト--ポテコ うましお味。

東ハト
ポテコ うましお味

栄養成分表 1袋(標準31g)当たり:
エネルギー:168.4kcаl
たんぱく質:1.1g
脂質:10.0g
炭水化物:18.4g
ナトリウム:215.1mg
(食塩相当量:0.6g)

購入場所:99円ショップ。
購入価格:104円(ふたつで)。

↓そのほかの“東ハト”のおかしはこちらっ↓
東ハト
スポンサーサイト

タグ: スナック菓子, 東ハト, ポテコ, ,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。