--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月08日[Wed]

ギンビス--しみチョコダブル 抹茶みるく。

ギンビス--しみチョコダブル 抹茶みるく。

外と、中身が異なっていますっ、、!
ギンビス”の“しみチョコダブル 抹茶みるく”です。


ギンビス--しみチョコダブル 抹茶みるく。

当社独自の含浸製法で、中はサクサク、外はとろける「サクとろ」食感です。
 中まで抹茶味がしみこんだ生地を、さらにホワイトチョコレートで包みこました。
 ポケットタイプで、手軽に食べられます
。”

しみチョコダブル”は、以前、“、、ミルクショコラ”と“、、いちごみるく”を頂きました。

この“、、抹茶みるく”は、ふくろのイラストと、説明にあるように、
抹茶ビスケットに、ホワイトチョコがコーティングされています。

しかし、実際にふくろから登場するものは、
抹茶チョコがコーティングされているではありませんかっ。

これは、レンタルCD屋さんで借りてきたCDが、
まったく中身が異なっているときのおどろきとおんなじです(?)。
(独身、実話。)

さらには、カーキ色だと思っていたジャケットが、実際には、
茶色であることが判明したときの、おどろきとも酷似しています(??)。
(独身、実話。)

まあ、独身は、静岡県人として、抹茶好きでもあるので、
むしろ、抹茶チョコのほうが、よろこばしいってもんです。

さっそく頂いてみると、ホワイト、ではなく、
抹茶チョコが、こっ!と、軽やかに割れて、中から、
ざくっ、がりっと、粗めの抹茶ビスケットが登場してきます。

抹茶チョコは、ミルクの甘味とコクがしかと効いていて、
いっぽうの抹茶ビスケットは、いい意味で、いぐさのような、
渋めの草のかおりが、ほふ~っと漂って、軽い苦味も放ってきますっ。

この抹茶のかおりと苦味が、抹茶チョコの甘味と相成ると、
ミルキ~ながらも、ほろっと、ほどよい渋味も見せつけてくれますっ。

やはり、“しみチョコダブル”は、“やす・きよ”よろしく(?)、
ナイスボケ、ナイスツッコミの小技を持ち合わせていますっ。

ギンビス--しみチョコダブル 抹茶みるく。

ギンビス
しみチョコダブル 抹茶みるく

栄養成分表 1袋(43g)当たり
エネルギー:245kcаl
たんぱく質:2.0g
脂質:15.1g
炭水化物:25.3g
ナトリウム:52mg

購入場所:ミニストップ。
購入価格:110円。

しみチョコダブル ミルクショコラ
しみチョコダブル いちごみるく

↓↓“ギンビス”のお菓子はこちらっ↓↓
ギンビス
スポンサーサイト

タグ: チョコ, 抹茶, ギンビス, しみチョコ, ビスケット, ポケチョコ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。