--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月21日[Thu]

鎌倉まめや--さくら豆(3月限定)。

鎌倉まめや--さくら豆(3月限定)。

やはり、決まり手は、さくらの葉っぱですっ。
鎌倉まめや”の“さくら豆”です。


この“さくら豆”は、さくらの季節限定として、
3月に登場しています。

独身は、3月下旬ころに、さくら満載を期待して、
鎌倉を訪れているのですが、その時期、
急に気温が盛り下がったこともあって、
開花宣言から、1週間ほどが経過しているにも関わらず、
ちっともさくらの気配が感じられません、、。

どこもかしこも、1分咲き、と云った感じで、
冷たい風が、ますます独身のからだをこころを冷たくさせます、、。

しかし、そんな寒々しいさくらの木とは裏腹に、
おみや通りの“小町通り”では、あっちこっちに、
さくら風味のおいしいものがお目見えしていますっ。

さくらのお花を拝めないのならば、いっそのこと、
さくらのおいしいものを、あまた喰らって、さくらを堪能しようってもんですっ。

その中で、毎度、独身がたのしみにしているのは、
鎌倉まめやさん”の、月限定のお豆さんですっ。

鎌倉まめや--さくら豆(3月限定)。

よくよくお豆さんを見つめてみると、さくら色だけでなく、
葉っぱのみどり色も、もわ~んっと、たゆたうかのごとく、
混じり込んでいることがわかります。

べろんっとふくろを裏返してみると、
緑色は桜の葉の色です。”と、注意書きされています。

さくら味好きの独身にしてみれば、葉っぱがないさくら風味など、
“あきら巻き”のスカーフをしていない、“中尾彬さん”のようなものですっ(?)。

さっそく喰らいついてみると、早々に、
さくらのお花のかおりが、かふ~っと、お口に広がりますっ。

そして、がりっがりっ、ざっくざっくのあられの香ばしい風味がやって来て、
そのあと、ごりっと、落花生の香ばしい風味も参戦してきますっ。

しばし、もぐもぐしていくと、だんだんっと、
さくらの葉っぱの塩っ気が、じょじょっ~っと、勢いを増してきますっ。

そして、すかさず、葉っぱのいい苦味と、草草しいかおりを放って、
さくらのお花と、あられ、落花生のすべてのお味を、ひとまとめに仕上げてくれますっ。

やはり、最後の葉っぱが決め手となっているようですっ。

細やか~なお粉のような、さらさらっとした口あたりが、
いささか気になりますが、なんっともさくら満載のお味ですっ。


鎌倉まめや--さくら豆(3月限定)。

鎌倉まめや 小町通り店。
鎌倉まめや
鎌倉市雪ノ下1-5-28(小町通り店)[Map]
営業時間:10:00-18:00(年中無休)


購入場所:鎌倉まめや 小町通り店。
購入価格:210円。

↓“鎌倉まめや”のお豆さんたちはこちらっ↓
ロイヤルミルクティ(2007年12月限定)
きなこ豆
梅みるく豆(2008年2月限定)
抹茶
夏みかんピーナッツ(2008年5月限定)
キャラメルへーゼルナッツ
黒胡麻きなこ
チーズアーモンド
アーモンドモカショコラ
巨峰(2008年秋限定)
焼いも豆(2008年10月限定)
招福豆(2009年正月限定)
温州みかん豆(2009年1月限定)
ゆずピー(2009年冬限定)
いちごミルク(12月~3月限定)
きなこチョコレート(12月~5月限定)

↓独身びいきの、鎌倉のおいしいおみやっ↓
鳩サブレーと鳩三郎
鎌倉ニュージャーマン かまくらカスター(ストロベリー/ティラミス/カスタード)
小松屋 大仏まんじゅう
鎌倉小川軒 レーズンウィッチ
鎌倉大仏あめ
Romi-Unie Confiture Pâte de Fruits パート・ド・フリュイ
大仏グミ・湘南グミ
大くに 光明寺まんじゅう
鎌倉五郎 花かまくら
Romi-Unie Confiture Sirop Gingembre シロップ・ジャンジャンブル
こ寿々 わらびもち
鎌倉いとこ かぼちゃきんつば
鎌倉まめや お豆さんたち
増田屋豆腐店 豆乳プリン
鎌倉しふぉん シフォンケーキ
麩帆 麩まんじゅう/柏の麩まんじゅう
三日月堂・花仙 鎌倉どらやき
鎌倉紅谷 クルミッ子
大くに 波乗りまんじゅう コーヒー餡
大くに 波乗りまんじゅう あんづ餡

↓鎌倉写真はこちらっ↓
鎌倉写真(Flickr)
スポンサーサイト

タグ: 鎌倉みやげ, さくら, 桜葉, ピーナッツ, 鎌倉まめや,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。