--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月11日[Mon]

フルタ--セコイヤチョコレート 生キャラメル風味。

フルタ--セコイヤチョコレート 生キャラメル風味。

お砂糖の甘味が、生キャラメルを生殺し、しています、、。
“フルタ”の“セコイヤチョコレート 生キャラメル風味”です。


フルタ--セコイヤチョコレート 生キャラメル風味。

花畑牧場の生キャラメル”が大人気になってからと云うもの、
洋菓子店やら、和菓子屋さん、お菓子界や菓子パン界にいたるまで、
あっちこっちで生キャラメルが進出しています。

ついに、“セコイヤチョコレート”にも、“生キャラメル”が参戦、
と云うことで、“セコイヤ、、”びいき、さらには、つい前日、
独身兄夫妻の、ナイス気遣いによって、実際に“生キャラメル”と遭遇しているだけに、
こちらの“生キャラメル”を、ささっとシカトすることは出来ませんっ。

フルタ--セコイヤチョコレート 生キャラメル風味。

ウエハースのまわりに、生キャラメルクリームが覆い、
あいだには、ミルククリームがサンドされています。

さらには、底辺から脇にかけて、ミルクチョコががっちりっとウエハースを囲み、
そのまわりに、キャラメルチョコがまとわりついています。

キャラメルチョコは、ホワイトチョコがベースとなっているだけに、
ホワイトチョコの、ミルキ~な甘味と、かなり強気なお砂糖の甘味が、
じくじく~っと、のどの奥~のほうを刺激してきます。

そこに、生キャラメルクリームと、ミルククリームが、
ますますお砂糖の甘味とミルクのコクを付け足しし、
ミルクチョコの甘味も、どこどこっと加勢してきます、、。

ウエハースは、いささか粗めになっていて、
かっふかっふっと、香ばしい風味空気感を放ってきます。

生キャラメル風味、と云うことですが、いかんせん、
お砂糖の甘味が強気なのと、ホワイトチョコベースに、
ミルククリームが参戦していることで、キャラメル風味は、
すっかりお砂糖とミルクに圧倒、と云うか、軽く生殺し、されています、、。

キャラメルは、お口の奥~のほうで、
なんとな~く、香料を放っている程度です、、。

バターと生クリームが、旨味とコクを与える“花畑牧場の生キャラメル”とは異なり、
“セコイヤチョコレート 生キャラメル”は、生クリームとお砂糖が、
意地悪な甘味の刺激を与えてくれています、、。

フルタ--セコイヤチョコレート 生キャラメル風味。

フルタ製菓
セコイヤチョコレート 生キャラメル風味

購入場所:サークルKサンクス。
購入価格:42円。

↓そのほかに頂いたセコイヤチョコレートはこちらっ↓
セコイヤチョコレート ミルク
セコイヤチョコレート いちご
セコイヤチョコレート ビター
セコイヤチョコレート さくら
セコイヤチョコレート 抹茶
セコイヤチョコレート バナナ
セコイヤチョコレート ティラミス
スポンサーサイト

タグ: チョコ, ウエハース, ホワイトチョコ, キャラメル, セコイヤ, フルタ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。