--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月13日[Mon]

チロルチョコ--パンプキンタルト。

チロルチョコ--パンプキンタルト。

西洋な雰囲気のかぼちゃです。
チロルチョコ パンプキンタルト”です。


チロルチョコ--パンプキンタルト。

チロルチョコ”と云うと、毎月、なにかしらの新作や、
コンビニ限定の新作が、続々っと登場しています。

独身は、“チロルチョコ”びいきのおんな、ではありますが、
“チロルチョコ”専門、と云うわけでは、ありません。

そのため、次次っと新作を世に放つペースに、
なかなか追いつくことが出来ずにいます、、。

ぷよぷよ”で云えば、なかなかぷよぷよの物体を処理することが出来ず、
どこどこっと、新たなぷよぷよが落下して、もりもりっと、
ぷよぷよが満載になってしまうようなものです、、。

それでもなんとか、月数回ではありますが、
必死に“チロルチョコ”と対峙している独身です、、。

数日前も、そろそろ、おつぎの“チロル、、”をっと、
スタンバイさせているお箱を取り出してみると、
この“パンプキンタルト”が埋もれているところを発見です。

独身が、バラの“チロル、、”を確保するときは、
たいていふたつと決めているのですが、お箱には、
しかとふたつの“パンプキン、、”がそろっています。

と云うことは、つまり、独身はいまだ、
この“パンプキン、、”を見知らぬおんなである、と云うことを意味しています、、。

どうやら独身は、初登場した昨年の9月から、こんにちまで、
ずっと、“パンプキン、、”をシカトし続けていたようです、、。

すっかり頂いているような気でいたのですが、それは、
芋栗なんきん”の“南瓜プリン”の記憶と“近藤マッチ”、
ではなく(?)、混同していたようです、、。

“チロル、、”の新作の登場回数の多さに、
すっかり追い込まれている感のある独身です、、。

チロルチョコ--パンプキンタルト。

包みをべろっと開いてみると、
かぼちゃの黄色いかおりが、すす~んっと、漂ってきます。

お味は、完熟して、甘味満載の、オレンジのお味、
と云うより、採れたてで、まだ、がこんっと硬さのある、
若々しいかぼちゃ、と云った印象です。

もしくは、日本のかぼちゃのように、ほっくり、
くったりっとした、濃厚な甘味、ではなく、あっさり、
すっきりっとした、西洋かぼちゃを妄想っとさせます。

そこに、ホワイトチョコのような、ミルクの甘味とコクが、
ぐぐ~んっと、かぼちゃに旨味を与えてきます。

さらには、ざっくりのビスケットが、
香ばしい風味を付け足ししてきます。

なかなかかぼちゃのかおりも強気で、お口満載に充満してきます。

そして、ごっくんしたあとも、しばし、
このかぼちゃのかおりと、ミルクのコクの余韻にひたることが出来ます。

芋栗なんきん”の“南瓜プリン”は、
カラメルソースが、なかなかいい仕事をしてくれているのですが、
独身としては、こちらの“パンプキンタルト”のほうが、
ビスケットの香ばしさが、チョコの甘味を押さえ込んでいて、
己の好みに合っているようです。

チロルチョコ--パンプキンタルト。

チロルチョコ株式会社
パンプキンタルト

栄養成分/1個当たり(標準値):
エネルギー:48kcаl
たんぱく質:0.4g
脂質:3.1g
炭水化物:4.7g
ナトリウム:9mg

購入場所:ローソン。
購入価格:32円。
(9月発売。)

パンプキンタルト(2007年)
コンビニ限定チロルチョコ
スポンサーサイト

タグ: チョコ, ビスケット, コンビニ限定チロルチョコ, かぼちゃ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。