--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月30日[Mon]

グリコ--グリコ。

グリコ--グリコ。

思わず、初心にかえってしまいます。
“グリコ”の“グリコ”です。


独身の中で、“グリコ”、と云うと、
お菓子としての“グリコ”、ではなく、
高校生のときに訪れた大阪で、あの、
グリコ”の看板を目の当たりにしたことのほうが、
おおきな想い出として、こころ内にきざまれています。

今回、ひさびざに“グリコ”を頂くにあたって、
いったい、最後に喰らったのはいつになるのだろうっと、
思い返してみるのですが、独身の海馬は、そのデータを、
あっさり消去してしまったもようです、、。

そのくらい、かなりおひさしぶりの再会となるわけで、
懐かし、と云うより、新たなこころ粋で頂きたいと思います。

グリコ--グリコ。

ぷりっと、かわいらしいハート型のキャラメルが、
5つぶ、箱に盛り込まれています。

ついでに、おまけの謎のおもちゃが、お供しています。

ここ最近、“花畑牧場の生キャラメル”が人気になってから、
あっちこっちで、“生キャラメル”の文字をお見かけするのですが、
この“グリコ”は、ちょっとやそっと、もぐもぐしたくらいでは、やわらかくはなりません

はじめは、アメちゃんかと妄想してしまうくらい、
がっち~んっとかたいのですが、しかと歯をめり込ませてみると、
ゆっくりと、しかし、確実に、ぎっちぎっちっと、ゆるくなっていきます。

この、生キャラメルに逆らうようなかたさが、
ある意味、懐かしさを実感させられます。

水あめが主原料となっていることもあって、
水あめの、じゅる~んっとした甘味とかおりがあふれ出てきます。

キャラメルのような、軽くじくっとするような、
刺激的な甘味や、バターの酸味はないのですが、
なかなかまろやか、と云うか、おだやかで、やさしい甘味になっています。

ひとつぶで、300M走れる、かは、わかりかねますが、
お昼前の、小腹が空いたとき、腹のムシを落ち着かせるには、
ちょうどよい甘味のように思えます。

グリコ--グリコ。

グリコ
グリコ

栄養成分表示/1箱(標準19g当り)
エネルギー:77kcаl
たんぱく質:0.7g
脂質:1.8g
炭水化物:14.6g
ナトリウム:26mg
カルシウム:26mg
ビタミンB2:0.23mg
ビタミンD:0.5μg

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:63円。

↓“グリコ”のお菓子はこちらっ↓
グリコ
スポンサーサイト

タグ: グリコ, キャラメル,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。