FC2ブログ
2009年03月16日[Mon]

鎌倉まめや--ゆずピー(2009年冬限定)。

鎌倉まめや--ゆずピー(2009年冬限定)。

透明感のある、さわやか~なかおりですっ。
鎌倉まめや”の1月のおまめさん、“ゆずピー”です。


鎌倉まめや--ゆずピー(2009年冬限定)。

鎌倉まめやさん”では、毎月、限定のおまめさんを登場させています。

独身は、毎度、鎌倉を訪問するたびに、この限定おまめさんを、
うきうきっとたのしみにしているのですが、ここ最近は、
月だけでなく、季節限定のおまめさんも参戦していますっ。

前回、独身が遭遇しているのは、昨年秋限定の、“焼いも豆”で、
今冬は、この“ゆずピー”がお目見えですっ。

実は、“ゆずピー”は、正月限定の“招福豆”の中にも盛り込まれていて、
すでに、独身は、お味のほどをしかと把握しています。

独身は、おいしいものをあまた、喰らいたい貪欲おんな、ではなく、
いろんなものを、ちまちまっと頂きたい、欲張りおんなです。

それならば、別段、この“ゆずピー”をお持ち帰りすることはない、
のですが、“招福豆”は、実は、おみやとして、他人さまに差し上げる予定でいたのです。

ところが、実際に実物を目の当たりにして、急に、
己の手元から離れるのが、惜しいこころ持ちになってしまいます。

と云うわけで、結局、“招福豆”は、独身の胃袋におさめられるハメになったわけです。

鎌倉まめや--ゆずピー(2009年冬限定)。

がりっ!と、ざくっ!と、喰らいつくと、まず、
お砂糖の甘味が、じゅわんっと、お口に広がっていきます。

そのあと、しかともぐもぐしていくと、ゆっくり~っと、
ゆずの透明感のある、さわやか~なかおりがやって来て、
さらに、ゆずの軽やかな酸味が、すす~っと、お口に漂います。

招福豆”に盛り込まれていた“ゆずピー”は、
喰らいついた瞬間から、ゆずのかおりと酸味が勢いよくお口に突進してきたのですが、
この“ゆずピー”は、おんなじおまめさん、のはずが、あんまし勢いがないように感じます。

さらには、原材料を見つめてみると、主役のゆずより、
お砂糖のほうが多く盛り込まれていることがわかります。

そのためか、ゆずよりも、お砂糖の甘味のほうが強気のようにも感じます。

鎌倉まめや。
鎌倉まめや
鎌倉市雪ノ下1-5-28(小町通り店)[Map]
営業時間:10:00-18:00(年中無休)

購入場所:鎌倉まめや 小町通り店。
購入価格:210円。

↓“鎌倉まめや”のお豆さんたちはこちらっ↓
ロイヤルミルクティ(2007年12月限定)
きなこ豆
梅みるく豆(2008年2月限定)
抹茶
夏みかんピーナッツ(2008年5月限定)
キャラメルへーゼルナッツ
黒胡麻きなこ
チーズアーモンド
アーモンドモカショコラ
巨峰(2008年秋限定)
焼いも豆(2008年10月限定)
招福豆(2009年正月限定)
温州みかん豆(2009年1月限定)

↓独身びいきの、鎌倉のおいしいおみやっ↓
鳩サブレーと鳩三郎
鎌倉ニュージャーマン かまくらカスター(ストロベリー/ティラミス/カスタード)
小松屋 大仏まんじゅう
鎌倉小川軒 レーズンウィッチ
鎌倉大仏あめ
Romi-Unie Confiture Pâte de Fruits パート・ド・フリュイ
大仏グミ・湘南グミ
大くに 光明寺まんじゅう
鎌倉五郎 花かまくら
Romi-Unie Confiture Sirop Gingembre シロップ・ジャンジャンブル
こ寿々 わらびもち
鎌倉いとこ かぼちゃきんつば

↓鎌倉写真はこちらっ↓
鎌倉写真(Flickr)
スポンサーサイト



タグ: 鎌倉みやげ, ピーナッツ, ゆず, 鎌倉まめや,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック