--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月20日[Fri]

Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド/ジャンジャンブル。

Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド/ジャンジャンブル。

どっしりっ、ずっしりっと、重量感のあるケークですっ。
Maison romi-unieメゾン ロミ・ユニ”の“ケーク・メゾン ウィークエンド/ジャンジャンブル”です。


Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド/ジャンジャンブル。

前回頂いた、“スコーン・メゾン ナチュール”に引き続き、
ケーク・メゾン ウィークエンド”と“ジャンジャンブル”です。

こちらのケークは、14日に開催された、チョコ祭りに参戦した際に、
お供させたもので、お店には、常時、スタンバイしています。

1gあたり、3.5円と、お値段設定されているのですが、
カットだけでなく、ホールまるまる、お求めすることも可能です。

ふつう、ケーキ屋さんなどでは、生地のはじっことは、
お目にかかれないものですが、“Maison romi-unie”では、
しかと、はじっこもスタンバイしています。

独身は、トーストの耳やら、たい焼きの、まわりのぱりぱり生地のほうが、
メインよりもお好みなので、はじっこを頂けるとは、なんっともありがたいことですっ。

“ウィークエンド”のほうは、残念ながら、
ほかの客さんにお先されてしまったのですが、
“ジャンジャンブル”は、しかと、独身がはじっこを確保ですっ。




Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド。Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド。
Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド。Maison romi-unie--ケーク・メゾン ウィークエンド。


こちらの“ウィークエンド”は、かなり、どっしりっと、みっちりっと、
重量感のある生地で、卵黄のまったり感と、ねったり感、さらに、じっとりの水分が伝わってきます。

まわりは、なかなかしっかりと焼けつけられているので、
いい意味で、お焦げ生地の層が厚めになっています。

お味は、まず、卵黄の、こってり~っとした、濃厚なお味が、どしっとやって来て、
そのあと、ほふ~んっと、まろやかな甘味がお口に広がりますっ。

お砂糖の甘味も、じゅんわり~っと、染み込んでいて、
もぐもぐすると、じょじょっ!と、いい甘味があふれ出てきますっ。

表面のアイシングは、なかなか厚めに塗られていて、
いい意味で、じゃりじゃりっと、お砂糖の粉粉しい食感が繰り広げられますっ。

アイシングと云うと、主役のお味をお邪魔するくらい、
かなり甘クドいものがあるのですが、この“ウィークエンド”は、
卵黄のお味が、かなり幅を利かせていること、さらには、アイシングにレモンが参戦しているのか、
じゅっ!と云う、軽やかな酸味で、厚めのアイシングでも、まったくもって、
生地のお味を圧倒することは、ありません

生地にも、お砂糖の甘味があるのですが、アイシングがガチンコしても、
卵黄と、まわりのお焦げの生地が、うまいこと、甘味を丸め込んでくれるように感じます。

生地がどしどしっと、ヘビー級なので、ひとつぽっきりでも、
胃袋に、どずんっと、のしかかって、満腹、満載になります。




Maison romi-unie--ケーク・メゾン ジャンジャンブル。Maison romi-unie--ケーク・メゾン ジャンジャンブル。
Maison romi-unie--ケーク・メゾン ジャンジャンブル。Maison romi-unie--ケーク・メゾン ジャンジャンブル。


こちらの“ジャンジャンブル(Gingembre)”は、フランス語で、
しょうが”と云う意味です。

しかと生地を見つめてみると、しょうがの実が盛り込まれていることがわかります。

“ウィークエンド”よろしく、どすんっと、重々しく
みっしりっと、生地が詰まっています。

とくに、こちらは、はじっこなこともあってか、
“ウィークエンド”よりも、重みを感じます。

そのはじっこは、しかと焼かれているためか、
ソフトクッキーよろしく、いい意味で、がつがつっと、硬く焼きあがっています。

実際に頂いてみると、いい意味で、もさっと、どさっとして、
“ウィークエンド”ほど、じっとりっと、水分が含まれていません。

しとっと、ほどよい水分です。

ときおり、しょうがの実の繊維質が、
じゃっくっじゃっくっと、参戦してきます。

お味は、しょうがの、すす~っとしたかおりが、
やさしくお口に広がって、そのあと、いい意味で、
生地が焦げた苦味が、焦げっ!と、あとを追ってきます。

もっと、からからっと、しょうがの辛味が刺激的かと妄想していたのですが、
軽く、すか~っと、かおりがするくらいで、まったくもって、意地悪い辛味はありません

さりげなく、さわやか~に、しょうがのかおりを漂わせてくれます。

“ウィークエンド”のほうは、かなり卵黄が幅を利かせていて、
やわらかく、丸みのあるお味なのですが、この“ジャンジャンブル”は、
お焦げの苦味と、黒糖を妄想っとさせる、甘香ばしいお味が感じられます。

ぐぐっと、香ばしくて、ぐんっと、ちから強いお味です。

独身は、マジで焦げつく5秒前、あたりまで、
トーストやパンを焼き焼きするのがお好みなので、
このお焦げの苦味は、まさに、独身好みの、焦げ焦げしい香ばしさですっ。


Maison romi-unieMaison romi-unie。


Maison romi-unieメゾン ロミ・ユニ。
Maison romi-unie
〒152-0004 目黒区鷹番3-7-17 [Map]
営業時間:11:00-20:00(年中無休)

購入価格:273円/227円(3.5円/1g)。

↓“いがらしろみさん”のお菓子たちはこちらっ↓
Romi-Unie Confiture Pâte de Fruits
Romi-Unie Confiture Sirop Gingembre
Fairyfake Fairフェアリーフェイク フェア
Maison romi-unie スコーン・メゾン ナチュール
スポンサーサイト

タグ: Maison-romi-unie, いがらしろみ, パウンドケーキ, アイシング, しょうが,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。