--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月03日[Tue]

鎌倉まめや--招福豆(正月限定)。

鎌倉まめや--招福豆(正月限定)。

5種のおまめさんが勢ぞろいですっ。
鎌倉まめや”の“招福豆”です。


鎌倉まめや--招福豆(正月限定)。

独身は、ことしの初詣に、大好物の鎌倉へと行ってきました。

毎度、“鎌倉まめやさん”を訪れるたび、
季節のおまめさんと、月限定のおまめさんを狙っているのですが、
今回は、お正月限定のセット、“招福豆”も、お供させています。

実は、この“招福豆”は、人さまへのみや用になるはず、
だったのですが、いかんせん、独身は、“鎌倉まめや”の大ファンなので、
いざ、自宅にお持ち帰りすると、急に、お渡しするのが惜しいこころ持ちになってしまいます。

正月早々っから、相も変わらず、喰いしん坊街道、まっしぐらの独身です。


鎌倉まめや--招福豆(正月限定) いちごミルク。鎌倉まめや--招福豆(正月限定) 抹茶豆。鎌倉まめや--招福豆(正月限定) 柚子豆。
(↑クリックすると、おおきめの画像になりますよ。)

左端から、“いちごミルク”、“抹茶豆”、“柚子豆”です。

いちごミルク”は、すすっと、いちごのさわやか~なかおりがお口に広がって、
あとから、お塩のような塩っ気が、じょじょ~っと、勢いを増して、いちごの甘味を引き立ててくれます。

抹茶”は、以前にも頂いたことがあって、
久々のランデブーとなります。

とってもまろやか~で、やわらかな甘味の効いた抹茶で、
ふふ~っと、抹茶の丸みのあるかおりが特徴です。

柚子豆”は、たしか、昨年の1月に、月限定として登場しているように記憶しています。

毎朝、おみそ汁にゆずこしょうをお供させている、ゆず好きの独身としては、
是非とも、喰らってみたいと、熱望していたおまめさんだけに、
このセットに参戦していることは、なんっともよろこばしいところですっ。

喰らいついた瞬間に、ゆずの透明感のあるかおりが、
すす~っと、お鼻のほうにまで、駆け抜けていきますっ。

そして、さわやか~な酸味が、つつ~っと、後を追いかけてきますっ。


鎌倉まめや--招福豆(正月限定) 小町豆。鎌倉まめや--招福豆(正月限定) くろ豆。
(↑クリックすると、おおきめの画像になりますよ。)

左端から、“小町豆”、“くろ豆”です。

“小町豆”は、海苔醤油、梅、いか竹炭唐辛子、青海苔わさびの5種のおまめさんのセットで、
中に、小ぶりのピーナッツが包み込まれています。

まわりのあられが、がりっと香ばしくて、
おつまみ感覚で頂くことが出来ます。

くろ豆”は、おせちなどに盛り込まれている、
お砂糖の甘味満載の煮豆とは相反し、こげ~っと、かなりいい苦味が効いています。

お塩もじょっぱい塩っ気も、適度におまめの風味を引き締めてくれています。

鎌倉まめや--招福豆(正月限定)。

5種ものおまめさんたちが、もりっと盛り込まれて、
おひとつ315円とは、なんっともお得なセットですっ。

この日は、節分と云うことですが、やはり、喰いしん坊の独身としては、
おまめさんを投げるよりも、お口に放り込みたいところです。

鎌倉まめや。
鎌倉まめや
鎌倉市雪ノ下1-5-28(小町通り店)[Map]
営業時間:10:00-18:00(年中無休)

購入場所:鎌倉まめや 小町通り店。
購入価格:315円。

↓“鎌倉まめや”のお豆さんたちはこちらっ↓
ロイヤルミルクティ(2007年12月限定)
きなこ豆
梅みるく豆(2月限定)
抹茶
夏みかんピーナッツ(5月限定)
キャラメルへーゼルナッツ
黒胡麻きなこ
チーズアーモンド
アーモンドモカショコラ
巨峰(秋限定)
焼いも豆(10月限定)

↓独身びいきの、鎌倉のおいしいおみやっ↓
鳩サブレーと鳩三郎
鎌倉ニュージャーマン かまくらカスター(ストロベリー/ティラミス/カスタード)
小松屋 大仏まんじゅう
鎌倉小川軒 レーズンウィッチ
鎌倉大仏あめ
Romi-Unie Confiture Pâte de Fruits
大仏グミ・湘南グミ
大くに 光明寺まんじゅう
鎌倉五郎 花かまくら
Romi-Unie Confiture Sirop Gingembre
こ寿々 わらびもち
鎌倉いとこ かぼちゃきんつば

↓鎌倉写真はこちらっ↓
鎌倉写真(Flickr)
スポンサーサイト

タグ: 鎌倉みやげ, 鎌倉まめや, ,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。