--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月02日[Mon]

植竹製菓--チョコラスク。

植竹製菓--チョコラスク。

脇役が、なかなかいい仕事をしてくれていますっ。
植竹製菓”の“チョコラスク”です。


植竹製菓--チョコラスク。

この“チョコラスク”は、一見すると、ふくろがへらへら~っとチープで、
そのへんが、ラスク本来の実力を、いささか衰えさせているように見受けられます。

そのため、駄菓子屋さんで遭遇したときは、さほど興味はなかったのですが、
チョコ好きとしては、やはり、チョコ菓子をシカトするわけには、いきません。

ところが、見た目とは裏腹に、なかなか奥深いお味の持ち主であることが判明ですっ。

植竹製菓--チョコラスク。

ざっくっ!とラスクに喰らいつくと、
フランスパンをしかと焼いたような、
香ばしい風味が、ばふ~っと、お口に広がります。

そのあと、わりと厚みのあるチョコが参戦してくるのですが、
どちらかと云うと、ビター派のお味で、お砂糖の甘味もしかと効いています。

しかし、ラスクの香ばしさと、チョコがビターなこともあって、
さほどお砂糖の甘味は気になりません

このチョコの甘味と、ラスクのざっくざっくっの香ばしい風味がガチンコすると、
ふふ~っと、軽やかに、ココナッツの南国チックなかおりが漂ってきます。

そこで、べろんっと、ふくろの裏をめくってみると、
原材料に、“ココナッツ”と書かれていることがわかります。

ラスクのカスがチョコに引っついているかと妄想していたのですが、
どうやら、中には、ココナッツが参戦していたようです。

このココナッツが、なかなか奥深く、
風味豊かなチョコに仕上げて
くれていますっ。

まさか、ココナッツが陰の立役者だとは、
ちろっとも妄想していませんでしたっ。

チープな見た目とは裏腹に、なかなかの実力の持ち主ですっ。

植竹製菓--チョコラスク。

株式会社植竹製菓
チョコラスク

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:42円。
スポンサーサイト

タグ: チョコ, ラスク, ココナッツ, 植竹製菓,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。