--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月06日[Thu]

菓道--コーンクリームコロッケ。

菓道--コーンクリームコロッケ。

粉っ粉の、コーンクリームのお味、です、、。
“菓道”の“コーンクリームコロッケ”です。


菓道--コーンクリームコロッケ。

この“コーンクリームコロッケ”のような、
揚げ物系の駄菓子は、なかなかお味の妄想が出来ないのが特徴です。

とくに、コーンクリームコロッケと云う、
かなる斬新なもの、となると、ますます怪し感満載になります。

ある程度、こんな雰囲気かなっと、
妄想をこころみたりもするのですが、たいてい、裏切られることが多々、です。

まさに、この“コーンクリームコロッケ”も、
さんざ独身を悩ませてくれたあげく、さくっと裏切ってくれています。

菓道--コーンクリームコロッケ。

コーンクリーム、と云うと、とろ~っと、とろとろのクリームが、
とろけ出てくるものと妄想するのですが、この“コーンクリームコロッケ”は、
魚肉のすり身が主な原材料なので、食感は、とろっとろ、ではなく、
ぎっちぎっちっと、かた~い食感になっています。

ぎぎぎ~ぃっと、なんとかすり身を噛みきってみると、
まっさきに、衣の油臭がお口に広がります、、。

そのあと、イカの旨味が、じゅわじゅわっと染み出てきます。

すると、今度は、コーンクリームの、クリーミーなお味、
と思いきや、粉粉っとした、粉っぽいクリームのお味がやって来ます、、。

口あたり、ではなく、お味自体が粉粉しているのです、、。

まるで、あまったクリームを、ラップもせずに、
そのまま2日ほど、冷蔵庫にシカトしておいて、
気づいたら、水分がすっかり蒸発して、残ったのは、
粉粉しい残骸で、それを、ちろっとお口にしてみたところ、
小麦粉の、粉粉しいクリームだった、そんな雰囲気です、、。

これは、常温だからなのかと、30秒ほど、
レンジでチンしてみたのですが、ぎっちぎっちのかたさが、
いささか、くたっと、やわらかになったものの、
肝心のクリームのお味は、相も変わらず、粉粉っとしています、、。

完全に、独身の妄想と期待を裏切ってくれています、、。

菓道--コーンクリームコロッケ。

菓道
コーンクリームコロッケ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:32円。

菓道の駄菓子
魚肉すり身
スポンサーサイト

タグ: 菓道, 魚肉すり身, コーン,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。