--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月24日[Fri]

フルタ--セコイヤチョコレート ティラミス。

フルタ--セコイヤチョコレート ティラミス。

もんっのすごい、マスカルポーネチーズの勢いですっ。
“フルタ”の“セコイヤチョコレート ティラミス”です。


フルタ--セコイヤチョコレート ティラミス。

ティラミス、と云うと、独身のこどものころに、
どどっと一世を風靡したデザートです。

独身が、はじめてティラミスをお口にしたのは、
実際のティラミス、ではなく、ティラミスがはさみ込まれた板チョコです。

いったい、ティラミスとは、どんなデザートなんだろうと、
ふんふんっと息巻いて、ごっ!と板チョコに喰らいついてみると、
いきなり、ココアパウダーが、独身の気管に襲いかかってくるではありませんかっ、、。

そんな苦々しい想い出もあって、独身にとって、ティラミスは、
天敵となっているのですが、大好物の“セコイヤチョコレート”となれば、
そのままシカトするわけには、いきません。

フルタ--セコイヤチョコレート ティラミス。

ごりっ!と、チョコに喰らいつくと、まっさきに、
勢いよく、マスカルポーネチーズの熟成されたチーズくささと、
まったんっとした、濃厚なコクが、舌べろにのしかかってきますっ。

いい意味で、もんっのすごいチーズの重々しいコクですっ。

そこに、まろやかなミルクの甘味と、
ウエハースの、さっくりとした香ばしい風味が、
ほふんっと参戦して、チーズ風味に香ばしさを付け足ししてきます。

あとから、遅れて、ミルクチョコの甘味がやってくるのですが、
あまりにも、チーズのコクと甘味が幅を利かせているので、
チョコは、軽くチーズに圧倒されている感は否めません。

しかし、いい意味で、相当、チーズ風味が重苦しく、
旨味満載なので、ミルクチョコなど、もう、どうでもいいっ!
と云うくらい、チーズ風味にぞっこん、になってしまいますっ。

まさに、お口の中は、チーズ満載、満タン、満々っですっ。

フルタ--セコイヤチョコレート ティラミス。

フルタ製菓
セコイヤチョコレート ティラミス

購入場所:ローソン。
購入価格:42円。

↓そのほかに頂いたセコイヤチョコレートはこちらっ↓
セコイヤチョコレート ミルク
セコイヤチョコレート いちご
セコイヤチョコレート ビター
セコイヤチョコレート さくら
セコイヤチョコレート 抹茶
セコイヤチョコレート バナナ
スポンサーサイト

タグ: チョコ, セコイヤ, ティラミス, ウエハース, マスカルポーネ, チーズ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。