--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月03日[Fri]

クロボー製菓--くろ棒。

クロボー製菓--くろ棒。

“ふ”、では、ありませんでした、、。
“クロボー製菓”の“くろ棒”です。


クロボー製菓--くろ棒。

黒くて、棒のような駄菓子、と云えば、
まっさきに、“ふがし”を妄想っとします。

独身は、こどものころ、あんまし“ふがし”がお好みではなかったので、
お世話になることは、滅多にありませんでした。

しかし、おとなになると、味覚も変わってくるもので、
この“くろ棒”を目の当たりにすると、なんだか、
むっしょう(無償)に喰らいたいこころ持ちになってきます。

そこで、独身、実に、数十年ぶりに、
“ふがし”と再会、と思いきや、実際に頂いてみると、
実は、この“くろ棒”は、“ふがし”でもなんでもないことが判明です、、。

“ふがし”と云うと、ふんがっふんがっとして、
空気感満載で、かつ、ぎしぎしっと、ヒキがあるように記憶しています。

一方で、この“くろ棒”は、“たまごパン”よろしく、
がっしがっしっと、硬い生地になっています。

“たまごパン”より、いささか粗いキメで、
生地のまわりには、黒糖が、ごりごりっと、コーティングされています。

そのため、はじめ、黒糖がごりごりで、
あとは、“たまごパン”よろしくの、がっしがっし、です。

お味のほうは、まずは、黒糖の、焦げっ!とした香ばしい風味苦味が広がって、
そのあと、これまた、“たまごパン”のような、やわらかい甘味が参戦してきます。

そこに、あとから、黒糖の甘味が、
じょわじょわっと、勢いを増してきます。

いささか甘味が強いような気もするのですが、
がっつがっつっと、黒糖の層が厚くなっているだけはあって、
かなり黒糖の実力を痛感させられます。

妄想していたような、“ふがし”ではなかったものの、
これはこれで、“たまごパン”の黒糖版、と云った雰囲気で、
懐かしさを、しかと堪能することが出来ます。

クロボー製菓--くろ棒。

クロボー製菓株式会社
くろ棒

購入場所:駄菓子屋さん。
購入価格:32円。
スポンサーサイト

タグ: 黒糖,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。