--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月10日[Wed]

森永--小枝 美ら海と大地の恵み。

森永--小枝 美ら海と大地の恵み。

沖縄、ではなく、カナダからの恵みかっ。
“森永”の“小枝 美ら海と大地の恵み”です。


森永--小枝 美ら海と大地の恵み。

沖縄県宮古島で作られた雪塩と、沖縄県産サトウキビ作られた赤糖を組み合わせた小枝です。
 風味豊かな赤糖と、ほのかに感じる塩味のすっきりとした夏向けの味わいをお楽しみください
。”

ここ最近の塩スイーツブームで、めっきり塩系チョコはおなじみとなっているのですが、
赤糖と云う、はじめてお目にかかる素材に興味津々で、思わず200円超えのチョコに挑戦です。

さっそく袋をあけてみると、中から、ほふんっと、
メープルを妄想っとさせる、香ばしいかおりが漂ってきます。

これは、赤糖の香りなのでしょうか。

実際に頂いてみると、やはり、
メープルのような甘香ばしい風味がお口に広がります。

ホワイトチョコ自体は、かなりやわらかいお味で、
そこに、かりかりの小麦パフが、香ばしさといい食感を付け足ししてくれます。

雪塩は、思ったほどのちから強さはなく、
云われなければ、存在がわからないほどです。

その一方で、赤糖は、かなりの実力の持ち主のようで、
メープルよろしくの香りと甘味のあとに、メープルよろしくのコクをぐぐっと放ってくれますっ。

まさに、主役は赤糖で、おつぎに小麦パフ、
ホワイトチョコはおまけ、雪塩は気まぐれに参戦、と云った雰囲気です。

森永--小枝 美ら海と大地の恵み。

今回、赤糖と云う初の素材にひかれて、
200円超えのチョコに挑戦してみたのですが、
少量でも、素材にこだわっているぶん、お値段がセレブなのだと理解します。

しかし、2本ずつ、小分けにするのなら、
2袋くらいの大分けにして、そのぶん、コストを下げて頂きたいと思います。

森永--小枝 美ら海と大地の恵み。

森永製菓
小枝 美ら海と大地の恵み

栄養成分表 1箱(標準62g)当り:
熱量:345kcаl
たんぱく質:3.3g
脂質:20.2g
炭水化物:37.0g
ナトリウム:130mg

購入場所:イトーヨーカドー。
購入価格:208円。

↓↓そのほかの“小枝”はこちらっ↓↓
小枝 イブニングタイム ブランデー&カカオ
スポンサーサイト

タグ: チョコ, ホワイトチョコ, , サトウキビ, 小枝, 森永,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。