--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月04日[Fri]

中野物産--中野の都こんぶ。

中野物産--中野の都こんぶ。

しっとしとのお塩が、舌べろに突進ですっ、、!
中野物産の“中野の都こんぶ”です。


中野物産--中野の都こんぶ。

中野の都こんぶ”は、どこでも気軽にお供させることが出来る昆布菓子と云うことで、
バッグにしのばせて、口さみしいときに、つまんでいる人を、たまに、お見かけします。

以前から、そんな光景を目の当たりにするたびに、
昆布とお菓子と云うイメージが、どうもしっくりこない独身は、
あえて、この“、、都こんぶ”をシカトし続けてきました。

しかし、数ヶ月前、あるテレビ番組で、“、、都こんぶ”が、
製造工場で作られているところを紹介されているのを観て、
いまのいままでの想いから一転、すっかり興味盛り盛りです。

それでも、やはり、昆布菓子とは、いったい、
どんなお味なのか、まったくもって妄想することが出来ません。

中野物産--中野の都こんぶ。

さっそく小箱から抜き出してみると、お塩と妄想される真っ白のお粉が、
昆布に、ほわほわっと、まとわりついています。

ここまでもりたくさんにお粉がひっついているところを見ると、
舌べろから、じょわっと、お汁があふれ出てきてしまいます。

お塩が舞い散らないよう、気を遣いつつ、
さっそく1枚、つまみ出して、お口に入れてみると、
くたっと、やわらかながらも、っくっ!と、
噛み応えが居残りしていることがわかります。

しっとりとした、細やかなお粉で、
昆布の甘味と旨味を引き出してくれています。

流石、旨味成分満載の昆布なだけあって、
お出汁のような旨味が、どんどんっとあふれ出てきますっ。

しかし、それと同時に、お粉から、じょわじょわっと、
勢いよく、塩分が舌べろに突進してきますっ、、。

これは、直に頂くよりも、昆布茶にしたり、
カットしてお茶漬けのお供にしたほうが、よろしいのでは、
と云うくらい、かなりの塩分っぷりですっ、、。

3枚ほど頂いたところで、すっかり舌べろが昆布を拒否していることに気づきます、、。

頂いたあと、お味を妄想してみると、舌べろどころか、
お鼻の奥~が、じんじんっとしてきて、鼻血が出そうな雰囲気です、、。

今回、はじめて“、、都こんぶ”と合間見えましたが、
こんなに刺激的な駄菓子との出逢いは、はじめてと云っても過言ではないくらい、
かなりの塩分の衝撃を喰らいます、、。

ある意味、喰うか、喰われるかの、弱肉強食の世界です、、。

中野物産--中野の都こんぶ。

中野物産株式会社
中野の都こんぶ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:105円。

栄養成分(15g)当り:
エネルギー:27kcаl
たんぱく質:3.3g
脂質:0.1g
糖質:2.3g
食物繊維:2.0g
ナトリウム:233mg
カルシウム:36mg

↓そのほかの、おつまみ系の駄菓子はこちらっ↓
[駄菓子]おつまみ
スポンサーサイト

タグ: 昆布,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。