--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月20日[Fri]

すぐる--名古屋みそカツ。

すぐる--名古屋みそカツ。

これはこれで、納得の旨味ですっ。
すぐるの“名古屋みそカツ”です。


すぐる--名古屋みそカツ。

名古屋名物「みそカツ」のおいしさを
 そのままお手軽に食べやすく仕上げしました
。”

すぐるのカツと云うと、前回、“ビッグカツ”を頂きました。

フルーティーで、カレー風味のスパイシーなソースに、
それまで“ビッグカツ”に抱いていた、独身の妄想が、
ざざっと一蹴されたことは、いまだ、しかと記憶しています。

そんな“ビッグカツ”に、“名古屋みそカツ”なる、
ゆかいななかまが登場です。

すぐる--名古屋みそカツ。

袋を開けてみると、いささか古くなった揚げ油のようなにおいがするのですが、
ある意味、これも、カツ系の駄菓子の醍醐味ってもんです。

中の魚肉のすり身は、ぎぃっと、なかなかの噛み応えがあって、
するめが、若干、やわらかくなったような食感です。

ゆえに、しかともぐもぐしていくと、
するめの、ぎゅぎゅっと濃縮された、
なんとも云えない旨味が、勢いよく染み出てきますっ。

イカの甘味と、旨味のもとである、
アミノ酸が満載であることが、しかと舌べろに伝わってきますっ。

そして、そこに、かなり遅れて、
ぴりっと云う辛味と、こてっとしたソースが参戦してきます。

名古屋名物の八丁味噌使用と云うことで、
赤いおみそ、独特の、濃厚なソースかと妄想していたのですが、
まったくもって、ふっつ~(ふつう)のソースです、、。

そのむかし、名古屋にライブに遠征したとき、
駅地下のみそカツ屋さんで、みそカツ定食を頂いたのですが、
そのとき、あまりの濃厚で、重々しい八丁味噌ソースに、
ひとくちごと、おみそ汁とお水で、お口の中のソースを薄めたことは、
いまだ、まざまざっと記憶しています。

一方、このソースは、まったくもって、赤みその風味はないし、
ソース自体の存在感も、イカに圧倒されています。

それでも、イカの甘味がかなり大活躍してくれているので、
まあ、ソースが不在でも、これはこれで、いいのかなぁと、
妙に納得してしまいます。

独身は、かなりのイカ好きなおんなでもあるのですが、
こんなにおいしいイカが、燃料高騰で、今後、
食べられなくなる恐れがあるとは、
なんとも哀しいことであります、、。

すぐる--名古屋みそカツ。

株式会社すぐる
名古屋みそカツ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:32円。

↓そのほかの、おつまみ系の駄菓子はこちらっ!↓
[駄菓子]おつまみ
スポンサーサイト

タグ: 魚肉すり身, ソース, カツ,
スレッドテーマ:おやつ, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。