--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月08日[Sun]

森永--エンゼルパイ ミニ。

森永--エンゼルパイ ミニ。

意外と、マシュマロが幅を利かせています。
森永の“エンゼルパイ ミニ”です。


この“エンゼルパイ ミニ”は、数ヶ月ほど前から、
あっちこっちのコンビニでお見かけしている、小ぶりのチョコ菓子です。

コンビニで、おべんとうを買ったときの、ちょっとしたお供として、
あえて、ミニのバラで販売されているものと妄想しますが、ミニゆえに、
おひとつ21円と云う、まさに、駄菓子感覚のお値段設定となっています。

しかし、コンビニによっては、おひとつ20円に設定しているところもあって、
たまに、コンビニでお買い物しようとしても、そこは21円だったり、
また、ときに、“エンゼルパイ ミニ”がご不在だったり、
または、20円のところでは、買い物する用事がなかったりと、
なかなかこの“エンゼルパイ ミニ”にありつく機会を持てずにいたのです、、。

そうこうしている内に、あれほど1円にこだわっていたのが、
もう、どうでもよくなってしまい、結局、21円のセブンで、
お供買い、することになったのですが、その後、ほかのコンビニで、
20円で売っているところに再会すると、やはり、
悔しいようなこころ持ちになってしまいます、、。

この“エンゼルパイ ミニ”同様、
独身も、ちっちゃいおんなってやつです、、。

森永--エンゼルパイ ミニ。

チョコでコーティングされたビスケット生地に、
真っ白のマシュマロがサンドされています。

袋の絵をみると、もっと、ぷっくりとした、
厚みのあるマシュマロかと妄想していたのですが、
実際に目の当たりにしてみると、さほど厚みがないことが判明です。

さらには、“ふかふかマシュマロ”と書かれているので、
エアリーなやわらかさを持ち合わせたものかと、
勝手に妄想していたのですが、実際に喰らいついてみると、
ぶちんっと、ぶにんっと、なかなか硬いマシュマロであることが判明です、、。

開封するまで、常温で保存していたこともあり、
いささかチョコがゆるくなっていたので、しばし、
冷蔵庫でおやすみして頂いたのですが、そのときの冷気が、
マシュマロを頑なにしてしまったのでしょうか。

一方、まわりのビスケット生地ですが、こちらも、
もっと、しっとりとした、キメ細やかなものかと、
勝手に妄想していたのですが、実際にお口に進入してくると、
かなり、もそっと、ぼそっと、粗く乾燥していることが判明です、、。

お味のほうも、チョコときどきマシュマロと、
勝手に妄想していたのですが、実際に味わってみると、
やたらマシュマロの、独特の風味と甘味が幅を利かせていて、
チョコは、すっかりマシュマロによって圧倒されています、、。

マシュマロも、もっと、お上品なお味なら、
(嗚呼、これは、きっと、マシュマロが主役なんだな。)
と、勝手に理解するのですが、いかんせん、マシュマロのお味が、
変にチープ感丸出しなので、それが、口あたりの悪いスポンジと、
かすっと気弱なチョコ風味と相成って、益々、堕落したような、
不快なお味を放ってくれるわけです、、。

ことごとく、独身の妄想を裏切ってくれる、
無粋な“エンゼルパイ ミニ”です、、。

森永--エンゼルパイ ミニ。

森永製菓
エンゼルパイ ミニ

購入場所:セブンイレブン。
購入価格:21円。

↓その他のチョコはこちらっ↓
[チョコ]その他
スポンサーサイト

タグ: チョコ, マシュマロ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。