--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年06月06日[Fri]

UHA味覚糖--クリームソーダ。

UHA味覚糖--クリームソーダ。

お口の中が、しょわしょわっしそうなお味ですっ。
UHA味覚糖の“クリームソーダ”です。


飲み物のクリームソーダと云うと、いまもむかしも、
たいていのレストランにスタンバイしています。

メロン風味のソーダと、バニラアイスクリームが、
いちどに堪能出来ると云う、なんともお得感満載のクリームソーダですが、
実は、独身は、あんましクリームソーダを頂いたことがありません。

外食と云うと、独身は、こどものころ、
毎度のように注文していたのは、ジンジャーエールです。

いささかきつめの炭酸に、すかっと突き刺すような、
爽快なジャンジャー風味が、なんとも魅了してくれるのですが、
それよりも、ジンジャーエールと云う、単語の響きに、
こどもながらに、おとな~な雰囲気を感じ、ちと、背伸びをしていたわけです。

しかし、おとなになってみたいまでは、クリームソーダや、
おこさま限定のセットメニューなどに、逆に興味がわいてきてしまいます。

UHA味覚糖--クリームソーダ。

ひとつぶ、お口に放り込んでみると、
ソーダの風味が、さら~っと、軽やかに広がります。

そのあと、クリームのまろやか~な甘味が、
ソーダのあとを追いかけてきます。

若干、お味に勢いが足りないような気もするのですが、
まさに、クリームソーダそのもの、と云った雰囲気のお味ですっ。

あまりのクリームソーダっぷりに、思わず、
あめ玉から、炭酸がしょわしょわっしているのでは、
と云う感覚にとらわれている己に気づきます。

独身は、毎度、あめを頂くとき、半分くらいのおおきさになると、
すぐに噛みくだいてしまうクセがあるのですが、がりっと噛み割ってみると、
少量ではありますが、中から、てろ~っとクリームが飛び出てきますっ。

クリームソーダを頂くとき、さっさとクリームを制覇してしまわないと、
ずんずんっと、比重で底のほうに沈んで、やがて、にごったクリームソーダになって、
クリームだらけのクリームソーダになってしまうことがあるのですが、
このあめも、まさに、底に沈んだ、クリームの残骸を頂いているかのような妄想にとらわれます。

果たして、このあめが、そこまで計算されているかはわかりかねますが、
いろんな意味で、忠実に模倣しているクリームソーダっぷりですっ。

UHA味覚糖--クリームソーダ。

味覚糖株式会社
クリームソーダ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:84円。

栄養成分表示 1袋(10粒)あたり
熱量:142kcаl
たんぱく質:0.2g
脂質:1.3g
炭水化物:32.6g
ナトリウム:4mg

↓そのほかの、ガム・ラムネ・アメはこちらっ!↓
[駄菓子]ガム・ラムネ・アメ
スポンサーサイト

タグ: アメ,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。