FC2ブログ
2008年05月26日[Mon]

チロルチョコ--ミルクプリン。

チロルチョコ--ミルクプリン。

またしてもローソン限定、
チロルチョコ ミルクプリン”です。


チロルチョコ--ミルクプリン。

この日は、日本の各地で、30℃を超越すると云う、
夏日を記録しているようです。

独身が、そのむかし、生息していた街でも、
ささっと30℃超えを果たしたそうで、
お天気ニュースを耳にしながら、
(嗚呼、そう云えば、あの地は盆地だから、
 夏は暑く、冬は激寒だったなぁ、、。)
と、軽く過去の思い出に浸る独身です。

梅雨入りする前から、早々に夏日とは、
フライングもいいところ、と云った感じですが、
これからの季節は、チョコにとっては、まさに、天敵となります。

なぜ、このような暑い日に、独身は、
チロルチョコ”を喰らおうと思いついてしまったのか、
いまごろになって、いささか後悔しているところです、、。

開封する前までは、さほど太陽の情熱による影響を受けていないようですが、
べろっと包みを開けて、いざ、チョコをおおっぴろげにしてみると、
早々に、チョコがゆるみはじめているではありませんか、、。

つんっ!と、指で触れてみるだけで、べっ!とチョコが指先にぴったんこ、です、、。

そうなると、チョコのほうに、ぬんっと、軽く指紋がぴったんこ
するわけで、被害は、人だけでなく、チョコにまで及んでしまうのです、、。

こうなると、もはや、素手でチョコに触れるのは、
ある意味、危険な行為(?)と云えます。

こんなときは、お箸なんかがあれば、たいへん便利なのですが、
あいにく、独身のおてもとには、そのようなアイテムはございません、、。

となると、代用品として、もっとも使えるのは、
銀の包み紙しか、ありません、、。

なんとか銀の紙を、うまいこと駆使して、
直、チョコに触れないよう、取り扱いします。

しかし、そんな独身の努力(?)もむなしく、
独身の指先から、銀の紙を通して、体温がチョコに伝わり
結果、紙にチョコがぺったんこ、です、、。

独身は、冷え性ゆえ、10月ころから、4月中旬あたりまで、
常に末端が冷え冷え、なので、チョコにお触りするには、
もってこい(?)な体質です。

とは云え、流石に初夏ともなれば、末端までさらっと血が通過してくれるわけで、
そうなると、当然、末端の体温も、ぐぐっとあがるわけです。

冷え性の体質には、初夏はありがたいのですが、
チョコ好きとしては、やはり、ご迷惑ってもんです、、。

チロルチョコ--ミルクプリン。

カラメル風味のチョコと、ホワイトチョコがガチンコした中に、
ぶいぶいっのマシュマロがはさみ込まれています。

カラメルチョコは、とってもやわらかくて、まろやか~なお味なのですが、
しかとお砂糖を焦がした、焦甘いお味がしますっ。

はじめは、ふわっとカラメルの風味がお口に広がるのですが、
だんだんっと、このお焦が、アクセントを与えてくれます。

そこに、ホワイトチョコが参戦してくるのですが、
とってもやさしい、あっさりすっきりとしたチョコなので、
カラメルをお邪魔することなく、全体的にも、すっきりとしたお味にまとめあげてくれます。

そこに、ぶいぶいっの、いささか硬めのマシュマロも参戦し、
軽く甘味と、チョコとは異質な食感をご披露してくれます。

どちらかと云うと、カラメルのほうに勢いがあるので、
ミルクプリン”と云うより、“カラメルに、ときどきやわらかいミルク”、
と云った雰囲気です。

もう少し、ミルクに深みとコクがあれば、より、
“ミルクプリン”の雰囲気をかもし出していたと妄想します。

しかし、あっさり派のお味なので、
これからの暑い季節には、向いているのかも、しれません。

チロルチョコ--ミルクプリン。

チロルチョコ株式会社
チロルチョコ ミルクプリン

~ニュースリリース より~
3月11日(火)より「チロルチョコ<ミルクプリン>」
を全国のローソンにて発売いたします。
 バニラとキャラメルの2層のチョコにマシュマロを入れた
やわらかい食感のチロルです。
ローソン春のリラックマフェアに合わせた
かわいいパッケージは緑と白の2種類です。


栄養成分表示/1個当たり(標準値):
エネルギー:48kcаl
たんぱく質:0.3g
脂質:3.3g
炭水化物:4.3g
ナトリウム:4mg

購入場所:ローソン。
購入価格:32円。
(03/11 発売。)

↓いままで頂いた、“チロルチョコ”はこちらっ↓
チロルチョコ
スポンサーサイト



タグ: チョコ, プリン, カラメル, マシュマロ, コンビニ限定チロルチョコ, ミルク,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック