--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月21日[Wed]

木村飲料--カレーラムネ。

木村飲料--カレーラムネ。

インド人もビックリ!?
トラの唐突の洗礼に、独身もビックリッ!!

木村飲料の“カレーラムネ”です。


昨年8月に訪れた、道の駅、“富士川楽座”で購入した“カレーラムネ”。

製造元が静岡県島田市の“木村飲料株式会社”と云うことで、
いま、静岡では、ひそかに話題になっている新種の静岡グルメ(?)です。

昨年7月、地元の新聞で紹介されて以来、
ずっと気になっていたのですが、昨年8月に、
ようやっと遭遇することが叶いました。

そして、この日、とうとう“カレーラムネ”が、
独身ののどを通過するときがめぐって来ましたっ、、。

木村飲料--カレーラムネ。

インド人もビックリ!?”

ピリッとスパイス、シュワッと炭酸。
 カレーとラムネの不思議なコラボ
。”

見るからにして、不思議と云うか、
危険な雰囲気がふんふんっ、漂ってきます、、。

なぜ、カレーとラムネと云う、まったく異なる畑のものをガチンコさせようとしたのか、
そりゃぁ、流石のインド人だって驚愕するってもんです、、。

勇んで購入してみたものの、いざ、実物を目の前にして、
そして、開封しようと試みると、いささか恐怖のようなこころ持ちになってきます、、。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず”と云いますが、
まさに、この“カレーラムネ”のボトルは虎穴、です、、。

ならば、トラならぬ、“カレーラムネ”といま、
対峙しようではありませんかっ、、!

と、その前にまず、敵の素性(?)をしかと把握する必要があります。

木村飲料--カレーラムネ。

原材料を見つめると、どうやら、カレー粉などの、
具体的なスパイスの名前は確認出来ません。

その代わり、“調味料”と云う項目がこころに引っかかります、、。

もしや、その“調味料”に、
危険因子である(!)カレー風味の元が混入しているとでも云うのでしょうか、、。

これは、怪し度が、この日の気温のごとく、
ぐんぐんっと急上昇していきます、、。

このままトラをそっとしておくべきか、
それとも、“アンパンマン”よろしく、勇気100倍で、
思い切ってトラを目覚めさせるべきか、これには、流石の“ムツゴロウさん”だって、
思わずひるんでしまうってもんです、、(?)。

しかし、あらゆる動物たちと、
すぐにおともだちになってしまう“ムツゴロウさん”なら、
きっと、いつものように、笑顔で接近していることでしょう、、(??)。

と云うわけで、なんとか“カレーラムネ”と仲良しになるべく、
さっそくお尻をこじ開けてみようと思いますっ、、!

木村飲料--カレーラムネ。

まず、茶色いビニールをべろべろっとはがします。

すると、水色のキャップの上に、
ピンクの栓が乗っかっていることに気づきます。

どうやら、このピンクの栓で、ビー玉を虎穴にブッこむようです。

いかんせん、独身は、いまのいままで、ほとんどラムネを頂いたことがないので、
あまりラムネのボトルの実態を心得ていないのです、、。

そこで、とりあえず、栓を右手に持ち、
そのままキャップにつっかかっているビー玉を押してみることにします。

しっしかしっ、、。

いくら押してみようとも、ビー玉は、
うんっとも、ふんっとも云いません、、。

それもそのはず、
栓が中のビー玉に届いていないのです、、。

これはいったい、どうしたことでしょう、、。

栓は横から眺めると、Tの字のようなかたちをしているのですが、
その、縦の棒の長さが、ビー玉のてっぺんにしかと届いていないため、
いくら情熱的に押し込もうとしても、ビー玉は痛くもかゆくもない、と云うわけです、、。

はて、これはどうしたものかと、
いささか困り果てる独身、、。

ラムネとは、実に奥深い(?)飲み物のようです、、。

そこで、ピンクの栓をしかと見つめてみると、
どうやら、栓は、2重構造になっている模様です。

つまり、栓は、うきわのごとく、輪っかを身に着けているため、
これが邪魔となって、ビー玉に接近出来ずにいると云うわけです。

木村飲料--カレーラムネ。

うきわがはずれたところで、
ふたたびビー玉を押し込みます。

すっ、
するとっ、、!!

ブッ、ブッシュワ~~~~ァッ!!!!

(ひっっ!!
 トラがお怒りになった~~~~ぁっ!!)

ビー玉が中に落下した瞬間、インド人、ではなく、
トラがビックリしたのか、いきなり炭酸が吹き出てくるではありませんかっ、、!!

四方八方、カレー色の液体が、悲惨にも飛び散っています、、。

これは、流石のインド人でなくだって、
ビックリするってもんです、、。

別段、瓶を振ったわけでもないのに、いきなりトラの洗礼を受ける独身、、。

ふと、手に付着した液体の匂いを嗅いでみると、
なにやら、危険なかおりがお鼻に侵入してきます、、。

トラが落ち着かれたところで、さっそくコップへと移動させることにします。

木村飲料--カレーラムネ。

一見したところ、泡のないビールのようです。

しゃわしゃわしていて、
とってもおいしそうです。

と、ここで、恐る恐る、お鼻を接近させてみます。


すっすると、、。

カレー、と云うか、ウコンと云うか、
いささか漢方薬のような匂いがします、、。

もっと、カレーがふんふんっすると妄想していたのですが、
さほど、カレー満載と云うわけではない模様です。

これには独身、ほっとひと安心ですっ。

そこで、勇気100倍で、
この怪しい液体をそっと、お口へと入れると、、。


(、、、あっ、甘いぞっ、、。
 これは、ラムネ度満載かっ、、。

 いっ、いやっ!来たぞっ、、。
 ヤツが来た~~ぁっ、、!)

はじめは、かなり甘味が強いラムネがするのですが、
そう思ったつぎの瞬間、いっきにウコンのような、漢方風味が襲い掛かってきます、、。

そして、そのまま、お口からのどへと、責任転換(?)すると、
今度は、しかとカレー風味がのどを通過していきます、、。

つまり、お口ではラムネと漢方で、
のどごしはカレー、と云った試合運びです、、。

カレー風味自体は、かなり甘味が強く、
バーモントカレー”、もしくは、“カレーの王子さま”のような、
まろやかなカレーのように思えます。

そのため、“ピリッとスパイス”と云うより、
「秀樹、感激~~ぃ!」
と云った雰囲気の甘味です(?)。

木村飲料--カレーラムネ。

カレー満載と云うよりかは、ラムネの甘味のほうが勢いがあるので、
さほど驚愕するようなお味ではありません。

しかし、ごっくんして、しばらくすると、
お口とのどに、カレーがしつこく居残ります、、。

なんとも後味の切ないラムネです、、。

カレーを頂いて、お口にまだ残ったまま、
すぐにラムネを追加させた結果、カレーラムネが出来上がった、
そんな感じでしょうか。

しかし、カレーとラムネと云うのは、なんとも仲がよろしくないようで、
お口の中で、完全に両者が仲たがいをしているような雰囲気です、、。

そう云った意味では、インド人もビックリ、でしょう、、。

半分くらいやっつけると、だんだん、
胸のあたりが軽い苦痛にさいなまれてきます、、。

そして、ようやっと、すべてトラを成敗すると、
達成感と云うよりかは、軽い疲労感のような、
もしくは、哀愁のようなものが漂ってきます、、。

これでは、虎子を得たのか、はたもや、
トラを飲むつもりが、トラに飲まれたのか、
わかりゃぁしませんよっ、、。

やはり、カレーとラムネは、
別居して頂いたほうがよろしいかと思われます、、。

罰ゲームには、まさにぴったしな“カレーラムネ”ですが、
暑さ満載のこの時期には、いささか、
「ごめんくっさ~ぁ!」
と云いたいこころ持ちです、、。

それでもなお、虎穴に入ってみたいかたは、是非、
“富士川楽座”、もしくは、静岡県内のサービスエリアを捜索してください。

そして、独身が味わった、苦痛と疲労感、そして、切なさを、
あなたのそのお口とのどで、体感してみてください、、。


木村飲料の“カレーラムネ”をネットで買ってみる


木村飲料株式会社
カレーラムネ

購入場所:富士川楽座
購入価格:150円。

↓そのほかの、木村飲料の“ラムネシリーズ”はこちらっ!↓
わさびらむね
杏仁ラムネ
スポンサーサイト

タグ: 静岡みやげ, カレー, ラムネ,
スレッドテーマ:ご当地グルメ, グルメ

メイン

コメント


カレーラムネ。。すごいインパクト))!
漢方薬の味かあ。。。
昔、ねずみおとこの缶ジュースがあったけどそれを飲むより勇気いるかも!?


>カラメルビスケットさんへ。
コメントありがとうございます。
カレーラムネは、お味をたのしむ、と云うより、
衝撃度をたのしむ飲み物のように思います。
もし、機会がありましたら、ぜひ、おためしくださいね!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。