--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月16日[Fri]

丹生堂本舗--ラムネボトルグミ。

丹生堂本舗--ラムネボトルグミ。

小ぶりのわりには、なかなかの実力の持ち主ですっ。
丹生堂本舗の“ラムネボトルグミ”です。


丹生堂本舗--ラムネボトルグミ。

“丹生堂本舗”と云うと、前回、
コーラボトルグミ”を頂きました。

云わば、この“ラムネボトルグミ”の、
ゆかいな仲間(?)のようなものです。

もちろん、“コーラボトルグミ”のほうにも、
しかと“あたり・はずれ”がついているわけですが、
この“ラムネ、、”の場合、いささか雰囲気が異なっていることに気づきます。

なにやら、表のフタの真ん中に、
黒い長丸じるしがプリントされています。

駄菓子屋さんで発見したときは、さほど気にしていなかったのですが、
フタをぺろっとめくってみると、この長丸じるしの意味が、ご理解頂けます。

丹生堂本舗--ラムネボトルグミ。

フタをめくってみると、内側には、
ハズレ ザンネン”と書かれていることに気づきます。

前回の“コーラボトルグミ”は、“アタリ”が登場したのですが、
今回は、“ハズレ”をお持ち帰りしていたようです、、。

と、ここで、独身、ようやっとフタの表の長丸じるしを理解します。

それは、表から、“アタリ・ハズレ”が透けて見えないよう
意図的に黒くプリントされているものと妄想します。

独身もときどき、こういった“アタリ”がついているお菓子を手にすると、
どうにか透けて見えないものかと、ついつい、蛍光灯に向けてしまうことがあります。

おそらく、“丹生堂本舗さん”も、
独身よろしく、いかさまをさせないよう、
対抗策として、長丸じるしをプリントさせてみたのでしょう。

早々に“ハズレ”を引き当てて、軽くがっくしとしていると、
独身の鼻腔に、ラムネのしょわしょわの香りが突入してくることに気づきますっ。

この匂いは、飲むラムネ、ではなく、
がりがりの、お砂糖菓子のラムネです。

お鼻の奥~まで、しょわしょわしそうですっ。

さっそくグミに喰らいついてみると、
ぶるんっぶるんっの、かなりの弾力のあるグミで、
ぺっとんっと、指にまとわりついてくるほどの、粘着っぷりです。

噛み応えもしかとあるのですが、お味のほうも、
なかなかの実力派であることがわかりますっ。

まさに、がりがりのラムネ菓子でも頂いているかのようでもあり、
飲むラムネの炭酸が、しょわしょわしているような雰囲気すら感じますっ。

いまのいままで、“丹生堂本舗”の小ぶりの駄菓子は、
3つほど、頂いていますが、どれも小ぶりサイズの中に、
ぎゅぎゅっと旨味を詰め込ませたものばかりです。

この“ラムネボトルグミ”は、一見すると、
具合が悪くなりそうな、あやしい水色をしていますが、
しかとお口にすると、具合が悪くなるどころか、
その見た目とは裏腹なお味に、思わず驚愕してしまいますっ。

丹生堂本舗--ラムネボトルグミ。

丹生堂本舗
ラムネボトルグミ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:10円。

↓そのほかの、“丹生堂本舗”の駄菓子はこちらっ!↓
ミニプリンちゃんチョコ
いちごショートチョコ
コーラボトルグミ
スポンサーサイト

タグ: グミ, ラムネ,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。