--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月23日[Wed]

オリオン--抹茶シガレット。

オリオン--抹茶シガレット。

予想外に、抹茶大活躍ですっ、
オリオンの“抹茶シガレット”です。


オリオン--抹茶シガレット。

“オリオン”のシガレット、と云うと、前回、
ココアシガレット”を頂きました。

この“ココア、、”は、云わば、“オリオン”の顔的存在のようですが、
実は、独身は、うまれてはじめての対峙となります。

独身が記憶している限り、こどものころ、
“ココア、、”と駄菓子屋さんでお目にかかったことがありません。

ここ最近になって、100均で置かれているところに、
頻繁に遭遇しているのですが、どうやら、ずいぶんとむかしから、
駄菓子界に幅を利かせている模様です。

それだけに、いったい、どんな魅力を持ち合わせた駄菓子なのか、
うきうき気分で頂いてみたのですが、独身が妄想していたような、
ココア満載ではなく、お砂糖とハッカのすすっと云う清涼感が、
かなりの凄みを放っていると云う、お砂糖菓子です。

このすすっと感は、“フリスク”並みに、
眠気をぶっ飛ばしてくれる、かなりの勢いを持ち合わせています。

それだけに、この“抹茶シガレット”には、
なかなか、さっさと手を出すことが出来なかったのですが、
いちど、シリーズものを頂いてしまったからには、
ささっとシカトすることは出来ません。

しかし、意外にも、この“抹茶シガレット”は、
いい意味で、独身の妄想をくつがえしてくれる、
かなりの実力
を見せつけてくれるとは、
まったくもって妄想していなかったのであります。

オリオン--抹茶シガレット。

スティック状のお砂糖菓子が6本、
アルミの袋に盛り込まれています。

開封した瞬間、ふわっと抹茶のいい香りが漂ってきますっ。

まるで、粉末の抹茶、そのものの匂いをかいでいるかのような、
かなりの本格的な抹茶っぷりですっ。

さっそく、ごりっと、喰らいついてみると、
お砂糖の甘味が、じゅわじゅわっと勢いよく登場してきます。

そのあと、だんだんっと、されど、確実に、
抹茶のほろ苦さが参戦し、じくじくっと、おとな~な苦味を放ってくれますっ。

とっても香り豊かな抹茶で、お茶会などで頂くようなお抹茶の雰囲気ですっ。

お砂糖菓子と云うことで、やはり、
お砂糖の甘味がかなり幅を利かせてはいるのですが、
それでも、抹茶は、お砂糖に根負けすることなく、
しかと、己の仕事にまい進してくれていますっ。

ココアシガレット”に、
すすっと云うハッカが盛り込まれていたので、独身、
思わず、この“抹茶、、”も同様だと妄想していたのですが、
どうやら、ハッカはまったくもって不在のもようです。

これには独身、ほっとひと安心ってもんですっ。

それよりも、まさか、ここまで抹茶の実力が優秀だとは、
これまた、ちろっとも妄想していなかったので、
いい意味で、驚愕してしまいますっ。

流石、“ココアシガレット”より、
20円もお高いだけあって、なかなかの、おとな~なお味になっていますっ。

オリオン--抹茶シガレット。

オリオン株式会社
抹茶シガレット

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:32円。

↓その他の“オリオン”の駄菓子はこちらっ↓
ミニコーラ
ココアシガレット
ミニサワー
クレヨンしんちゃん ラムネチョコビ ココア味
ミニビタCラムネ
栗栗甘栗
ブルーベリーシガレット
スポンサーサイト

タグ: ラムネ, 抹茶,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。