--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月21日[Mon]

正栄食品--お金のチョコ。

正栄食品--お金のチョコ。

“守礼門”が、“諭吉先生”に変化っ、、?
正栄食品工業の“お金のチョコ”です。


正栄食品--お金のチョコ。

独身は、いまのいままで、
2,000円札を、直接お目にかかったことは、ありません。

世に初登場してから、実に、8年が経過していると云うに、
まったくもって、独身のもとには、流通してきません、、。

いまとなっては、存在すら、忘れ去られている感のある、
2,000円札ですが、駄菓子屋さんには、ほかのお札に、
2,000円札がしかと参戦しています。

もちろん、“子供銀行”のお札ではありますが、
いま、こうして、独身のもとに、2,000円札が舞い込んできますっ。

しかしっ、、!

包み紙を開いてみると、中からは、“守礼門”ではなく、
諭吉先生”がいらっしゃるではありませんかっ、、。

独身としては、2,000円札を狙い撃ちして、
選択したので、まさか、ここで“諭吉先生”が登場するとは、
ちろっとも妄想していませんでした、、。

本物のお札なら、狂喜乱舞しているところですが、
流石に、今回は、がくっと落胆してしまいます、、。

正栄食品--お金のチョコ。

小ぶりの板チョコに、かふっかふっのパフが盛り込まれています。

チョコは、どちらかと云うと、ビター派で、
いい意味で、駄菓子のチープ感があるチョコです。

パフは、かなり小粒のものが、底に埋もれているのですが、
小粒のわりには、かふっと、しゃりっと、いい食感を放ってくれています。

さらに、パフの香ばしい風味が、チョコに旨味を与えてくれています。

この日は、とってもお天気がよろしかったこともあり、
開封即効、チョコがぺっとりと指に付着してしまいました、、。

これからの季節は、チョコの取り扱いに要注意、です。

正栄食品--お金のチョコ。

正栄食品--お金のチョコ。

“お金のチョコ”には、2,000円のほかにも、
“野口先生”と“諭吉先生”も、せいぞろいしているのですが、
中のチョコは、どれもおんなじのようです。

正栄食品--お金のチョコ。

正栄食品工業
お金のチョコ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:53円。

↓そのほかの、駄菓子のチョコはこちらっ!↓
[駄菓子]チョコ
スポンサーサイト

タグ: チョコ, ナッツ, 板チョコ,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。