--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月15日[Tue]

丹生堂本舗--コーラボトルグミ。

丹生堂本舗--コーラボトルグミ。

小ぶりなわりに、なかなかの頑固もの、です。
丹生堂本舗の“コーラボトルグミ”です。


丹生堂本舗--コーラボトルグミ。

丹生堂本舗”と云うと、以前、
ミニプリンちゃんチョコ”と“いちごショートチョコ”を頂きました。

いずれも、女性の親指の第一関節くらいのおおきさで、
かなり小ぶりサイズとなっています。

独身は、いろいろな種類のおいしいものを、
少しずつ、ちろちろっと頂きたい欲張りおんななので、
こう云った、小ぶりサイズのものは、大歓迎ってもんです。

この“コーラボトルグミ”も、相当な小ぶりサイズになっていますが、
どうやら、“丹生堂本舗”の駄菓子は、小ぶりが特徴のようです。

そして、あたり・はずれがついていることも、特徴のひとつです。

前回頂いた“いちごショートチョコ”は、
ようやっとあたりと遭遇していますが、今回の“コーラボトルグミ”も、
またしても、はずれが登場です、、。

こどものころは、ひんぱんにあたりを引き当てていたのですが、
ここのところは、散々な結果におわっています、、。

丹生堂本舗--コーラボトルグミ。

ぶるんっぶるんっの、かなりの弾力のあるグミで、
ぺっとんっと、指にまとわりついてくるほどの、粘着っぷりです。

そのむかし、“スライム”と云う、あっちこっちに張り付く、
伸びやか~なゴムのようなおもちゃがありましたが、
このぺっとんっぷりに、思わず、“スライム”の記憶を思い起こしてしまいます。

そのため、プラスチックの入れ物(型?)から取り出そうとすると、
かなりの粘着っぷりなので、なかなか取り出すことが出来ませんっ、、。

爪を端っこにブッこんで、べろっとめくりあげて、
そこから、一気に引っこ抜こうとするのですが、
あまりに弾力があるので、べたっと、ふたたび型に舞い戻ってしまうのです、、。

そんなことを繰り返すうちに、これは、独身の長い爪では、
太刀打ち出来ないと、ようやっと悟り、小ナイフを使って、
テコの原理で、なんとか取り出した次第です、、。

皮肉にも、お口でもぐもぐしている時間より、
型から取り出す時間のほうが、多くかかってしまいました、、。

さて、お味ですが、本物のコーラから、炭酸が抜けて、
甘味ばかりが濃縮
されてしまった、そんなお味がします。

コーラ味の駄菓子と云うと、オリオンの“ミニコーラ”を頂きましたが、
そちらも、同様に、甘味凝縮のコーラのお味がします。

飲み物のコーラの場合、この甘味がお口に居残りして、
思わず、お口直しをしたくなるのですが、駄菓子のコーラとなると、
不思議と、不快な甘味には感じません。

小ぶりではありますが、なかなかのコーラっぷりを発揮してくれています。

丹生堂本舗--コーラボトルグミ。

丹生堂本舗
コーラボトルグミ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:10円。

↓そのほかの、“丹生堂本舗”の駄菓子はこちらっ!↓
ミニプリンちゃんチョコ
いちごショートチョコ
ラムネボトルグミ
スポンサーサイト

タグ: グミ, コーラ,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。