--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月05日[Sat]

Läkerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

Lakerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

IKEA”で売られている、スウェーデンのお菓子、
Läkerol(レイクロール) オリジナル・カシス・レモン味”です。


昨年のことになってしまうのですが、“IKEA港北店”に行ったとき、
ちょっと小洒落た小箱だな~ぁ、と思い、こぞって3種、
Läkerol(レイクロール)”なるアメちゃんを買ってみました。

実は、独身は、以前、欧州に潜伏(!)していた時期があり、
そのころ、何度か“IKEA”はお世話になっていました。

前回紹介した、“Daim”と云うキャラメルチョコは、
欧州のほうのお店でも、見受けられたのですが、
この“Läkerol(レイクロール)”は、港北店ではじめて、
お目にかかっています。

独身は、海外に行くと、毎度、現地のスーパーに行って、
そのお国のお菓子やら、紅茶やら、ジャムやらを偵察します。

やはり、欧州のほうは、パンが主食のところが多いので、
日本にはあんましない、めずらし感満載のものをたくさん発見出来ます。

この“Läkerol(レイクロール)”も、
アメとしては、あんまし日本にはないかたちで、
“海外だぜ~~ぇっ”と云わんばかりのデザインのように感じます。

Lakerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

まずは、“オリジナル”ですが、小箱を開けてびっくりっ、、!

イカ墨かっ、、!)
と、思わずツッコンでしまいたくなるくらいの、
どす黒いアメちゃんです、、。

いささか不健康そうな雰囲気がもんもんっとしていますが、
お砂糖なし着色料なし、です。

独身は、アメちゃんをお口にすると、
すぐに、がりっと、歯で噛みくだいてしまうクセがあります。

そのため、このアメちゃんも、毎度のように、
がりっと、アメちゃんが砕ける、と思いきや、
まるでゴムのような、ぐいっと云う食感であることがわかります、、。

名称としては、“キャンディー類”となっているので、
当然、アメちゃんだと妄想していたのですが、
キャンディー”ではなく、“、、”と云うところに、
このアメちゃんの疑惑(?)が隠されているようです、、。

グミ、と云うほど、へろへろっとやわらかくはなく
アメちゃんほど、がりっと硬くはありません

アメちゃんになりきれなかったグミ、と云った雰囲気で、
車のタイヤに喰らいついたら、こんな食感なんだろうなぁ、
と思わず妄想してしまいます、、。

あまりにも奇怪なゴムっぷりに、これは、
アメちゃんのようになめていればいいのか、
それとも、グミのように、もぐもぐすればいいのか、
なかなか判断出来ず、しばし、舌べろの上で放置プレイ(!)してしまいます、、。

と云うのも、アメのように、でろっととろけていくわけでもないし、
グミのように、ぐいっと噛みきれるわけでもないので、
いったい、どのようにして頂けばいいのか、わからないのです、、。

それでも一応、必死にもぐもぐしてみると、
奥歯にべっち~んっと、張り付いて、と云うか、
歯医者さんの歯型のよろしく、がちんっと“はまって”しまいます、、。

そのため、舌べろで、ういうにっと、はがそうと試みても、
そう容易には、ひきはがすことは出来ません、、。

そこで、仕方なく、指を奥歯までブッこんでみる、
と云う始末です、、。

さて、肝心なお味ですが、この“オリジナル”は、
はじめ、ハッカのように、すす~っとした清涼感が、
お口に広がっていきます。

(嗚呼、ただのハッカのお味かぁ、、。)
と思いきや、つぎの瞬間、まるで、漢方のような、
奇怪な苦味
が舌べろに襲い掛かってきます、、。

良薬、口に苦し
とは云いますが、これは、かなり意地悪い苦味、
と云うか、毒々しい苦味で、うげぇっと、気分が悪くなってしまいます、、。

独身、思わず、ゴミ箱めがけ、
ぺぺっと、返却、してしまいます、、。

Lakerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

おつぎの“レモン”ですが、さすがに、
レモンに間違いはないだろうと、気分を一新して、
ささっとお口にしてみると、レモンの酸味が、
つんっと、ほどよく刺激してきます。

と、思いきや、つぎの瞬間、またしても、
意地悪な苦味が舌べろに襲い掛かってきますっ、、。

まるで、レモンの皮の、白い部分のような、
思わず、舌べろが縮こまってしまいそうな苦味です、、。

またしても、独身、うげ~ぇっと、気分が悪くなってしまいます、、。

Lakerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

さいごは、“カシス”ですが、これは、
独身好みのフレーバーと云うことで、今度こそ、
と云う願いで、内心、びくびくっとしつつ、
お口へと放り込みます。

すると、まるで、もったいない根性が働いて、
お中元で頂いたカルピスの原液を、
お水でかな~り薄めて、頂くかのごとく、
かなり薄めのカシス風味が、なんとも頼りなく登場です、、。

“オリジナル”と“レモン”のような、
意地悪い苦味と云ったものはありませんが、
このやる気のない薄味の“カシス”には、別の意味で、
気分が悪くなってしまいます、、。

箱には、
リフレッシュ気分をおたのしみください!”
と、書かれていますが、これでは、リフレッシュも、
たのしむことも出来ないってもんです、、。

いっそのこと、
不愉快なお味に挑戦してみてください!”
と、変更してみてはいかがなものでしょう、、。

小箱を開けた瞬間、かなり大量のアメちゃんが登場し、
思わず、独身のテンションも、もりっと盛り上がったのですが、
いまは、いったい、この数多のアメちゃんの処遇を、
いかようにしようかと、いささかあたまを悩ませているところです、、。

Lakerol(レイクロール)--オリジナル・カシス・レモン。

IKEA
Läkerol(レイクロール)

購入場所:IKEA港北店。
購入価格:150円。

↓そのほかの、IKEAのお菓子はこちらっ!↓
IKEA
スポンサーサイト

タグ: 海外お菓子, グミ, IKEA,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。