--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月04日[Fri]

FUJIYA--LOOK Jr. バナナ。

FUJIYA--LOOK Jr. バナナ。

、、ストロベリー”を頂いたからには、
こちらもシカトするわけには、いきません。

FUJIYAの“LOOK Jr. バナナ”です。


FUJIYA--LOOK Jr. バナナ。

前回頂いた、“LOOK Jr.シリーズ”の“、、ストロベリー”と“、、ストロベリーパフェ”は、
いずれも、ちろっと訪れた99円ショップで遭遇しています。

お値段が、お好きな駄菓子と組み合わせて、
4つで104円と云う、とってもお買い得だったこともあり、
2種同時に、お持ち帰りすることにしたのですが、そのときは、
“バナナ”もシリーズとして参戦しているとは、まったくもって知らなかったのです。

すると、その数日後、ふっと訪れた“イトーヨーカドー”のお菓子コーナーに、
“バナナ”がおひとつ42円で盛られているところを発見です。

いちど、“LOOK Jr.シリーズ”に手を出してしまったからには、
ここで、“バナナ”をシカトするわけにはいかないのが、
収集癖のある独身の性ってやつです。

独身としては、“、、ストロベリー”と“、、ストロベリーパフェ”を、
99円ショップにて、4つで104円で頂いているのだから、この“バナナ”も、
出来ることなら、99円ショップ、ないし、100円ショップでお目にかかりたいところです。

しかし、いくら“、、ストロベリー”と“、、ストロベリーパフェ”が99円ショップにあったとしても、
“バナナ”まで、スタンバイしていると云う保障があるわけではありません。

この出逢いをシカトして、99円ショップに期待して、
結局、“バナナ”にシカトされると云う哀しい結末も、
じゅうじゅう妄想出来ます。

それならば、42円の定価を、ぐぐっと受け入れて、
“バナナ”を確保しておこうではないか、と云うのが、独身の結論です。

皮肉にも、こういう場合、たいてい、数ヶ月ほど経って、
99円ショップで再会するのがオチだったりします、、。

FUJIYA--LOOK Jr. バナナ。

とってもまろやかなミルクチョコの中に、
クリーミーなバナナチョコと、バナナペーストが盛り込まれています。

バナナチョコは、さほどバナナ満載、と云うわけではないのですが、
ミルクの甘味がきいていて、とってもやさしいお味になっています。

一方のバナナペーストは、ゆるい水あめのように、
てろ~っと、とろ~っとして、じゅじゅっと完熟したようなバナナの甘味がします。

お口にすると、はじめは、バナナペーストの甘味が勢いよく登場して、
そのあと、バナナチョコのやわらかい甘味がペーストを包み込んでいきます。

すると、まわりのミルクチョコが、
だんだんっとバナナに追いついて、
最終的には、ミルクチョコがお口を占拠します。

いい意味で、バナナが変に暴走しないで、
“長いものには、、”よろしく、
うまくミルクチョコに巻かれようとしている節があります。

小ぶりながら、しかとチョコの甘味やコクのようなものを見せつけてくれます。

やはり、LOOKチョコシリーズのチョコの実力には、
毎度、感心させられます。

FUJIYA--LOOK Jr. バナナ。

不二家
LOOK Jr. バナナ

購入場所:イトーヨーカドー。
購入価格:42円。

↓“LOOK Jr.シリーズ”はこちらっ↓
LOOK Jr. ストロベリー
LOOK Jr. ストロベリーパフェ
スポンサーサイト

タグ: チョコ, バナナ, LOOK, 不二家,
スレッドテーマ:チョコレート, グルメ

メイン

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。