--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月21日[Fri]

やおきん--れんどら。

やおきん--れんどら。

練乳とは、いささか異なりますが、めずらし感のある、
やおきんの“れんどら”です。


独身にとって、“れんどら”と云うと、
思わず、“連ドラ”を妄想してしまいます。

“連ドラ”とは、連続ドラマ、ではなく、
“ドラえもん”の目が、ずらずらっと横に連なった、
連続ドラえもん”のことです。

小学生くらいのとき、めっきり“連ドラ”にハマリ、
教科書やら、ノートやら、あっちこっちに描いた記憶があります。

そんな“連ドラ”とかけてみたのか、わかりかねますが、
“どらチョコ”のゆかいな仲間として、練乳クリームの、
れんどら”が参戦です。

やおきん--れんどら。

もさっと、ほろっと、いささか頼りないカステラ生地に、
もたっと、ねとっと、蜜~な練乳クリームがはさみ込まれています。

一応、名称は、“どらやき”となっているのですが、
どらやきの生地、と云うより、“鈴カステラ”あたりを妄想とするお味です。

お砂糖の甘味が強気なのですが、生地の表面が、
焦げっと香ばしくて、いい意味で、チープ感満載なのに、
焦げの旨味がしかと感じられます。

練乳クリームは、まるで、水あめのように、
ねっちり~、ねっと~んっと、かなりのねばりがあります。

お味は、練乳と云うより、ミルクあめを水あめ状に溶かした、
と云った感じで、やはり、あめのような甘味に勢いがあります。

このミルクあめの甘味と、生地の焦げ甘味が、
なかなかの相性を見せつけてくれます。

いささか甘味が気になるところですが、
レンジで15秒ほどチンすると、生地がほんわりとやわらかくなって、
クリームの甘味も、若干、まろやかになって、より、相性がよろしくなります。

先日、100均で、もうひとつのゆかいな仲間で、
メープル使用の“どらシリーズ”と遭遇したので、また、そちらもたのしみですっ。

やおきん--れんどら。

やおきん
れんどら

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:37円。

↓やおきんの“どらシリーズ”はこちらっ!↓
どらチョコ
ホットケーキ メープルシロップ
スポンサーサイト

タグ: どらやき, 練乳,
スレッドテーマ:アイス, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。