--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月16日[Sun]

コリス--そのまんまピーチ。

コリス--そのまんまピーチ。

“はずれ”が“あたり”かっ?
コリスの“そのまんまピーチ”です。


尋常じゃなく、すっぱいお味が盛り込まれたガムと云えば、
独身が小学生のころ、ともだちのあいだで、いっとき、
盛り上がったことを、ふっと思い起こします。

そのときは、たしか、黒い袋で、
レモンのかたちのした、レモンのすっぱいガムが人気で、
みんなで、ご近所の駄菓子屋さんへと、こぞって集合し、
どれがいったい、すっぱいガムなのか、どきどきっとしながら、
選んだことを、いまだに記憶しています。

ここ最近、独身の中で、駄菓子ブームが再来し、
せっせと駄菓子屋さんへと買い漁りのたびへと出かけているのですが、
レモン以外にも、いろいろなお味のすっぱいガムが、
もりっと登場しているところを目の当たりにして、
軽い感動、と云うか、むかしもいまも、こどもこころには、
変化がないのだと、思わずほっとしてしまいました。

コリス--そのまんまピーチ。

ころころっと、まあるく、
淡い雪色のガムが、3つ、盛り込まれています。

この中に、見た目とは裏腹な、
意地悪いすっぱさを秘めたヤカラ(?)がいる、と云うわけです。

まずは、いちばん手前のものからつまんでみることにします。

くにっと、やわらかいガムの中に、
とろ~っと、とろみのあるジャムのような、
ピーチペーストがつめこまれています。

はじめは、ほんわりと、軽やかな桃味なのですが、
ペーストが参戦すると、じゅわっと、いっきに桃味が勢いを増していきます。

とってもやわらかくて、やさしい桃味なので、
これは、どうやら、“はずれ”ではない模様です。

おつぎに、真ん中をつまんでみると、
ガムの、ほんわりとやさしい桃味のあとから、
ペーストの、じゅわっと濃厚な桃味が登場してきます。

どうやら、これも、“はずれ”ではなさそうだと、
軽く安堵していると、まさに、晴天のへきれきよろしく、
ずんっ!と、かなりの勢いの酸味が舌べろに襲い掛かってきますっ、、!

まるで、レモンの果汁を、じゅっ!と舌べろの上に絞られているかのごとく、
意地悪く、トゲトゲしい酸味が、べろを刺してきますっ、、!

もう、こうなると、桃どころの騒ぎでは、ありません、、。

この酸味は、なかなかの持久力があるようで、
しばしのあいだ、攻撃の手をやすめる気配はありません、、。

しかし、若干、酸味がやわらいでくると、
今度は、桃味と酸味が仲良しになって、
お口の中は、すかっとさわやかな桃風味で満載になります。

すっぱくないほうは、すぐに桃味が薄まってしまうのですが、
すっぱいほうは、酸味に凄みがあるせいか、長らく桃味を堪能することが出来ます。

そう云った意味では、すっぱいほうが“あたり”のように思えます。

コリス--そのまんまピーチ。

コリス株式会社
そのまんまピーチ

購入場所:駄菓子屋。
購入価格:32円。

↓そのほかの、“そのまんま”のガムはこちらっ!↓
そのまんまコーラ
スポンサーサイト

タグ: ガム, ,
スレッドテーマ:お菓子, グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。